コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 市民ケーン(1941/米)

画面から終始何とも言えない「圧迫感」を感じる。これは何だろう。
Myurakz

 物語自体はそれほど面白くもない。というか正確に言うと、これを“時間軸通りに順番に描いていたら”クソつまらない映画ができるだろうなと思います。ケーンなんて言っちゃえば「イヤな寂しがり屋」だし。でもそのお話をバラバラにして組み替えることでケーンの人物に謎と意味を持たせ、観客の興味を途絶えさせないようにしている。こういった「時間軸を崩すことで面白みを出す」映画だと、近年であれば『メメント』なんかがそれに当たると思うんですけど、更に今作には様々な映像表現をふんだんに添えてあるわけです。市川崑が撮った「メメント」みたいなもんです。僕はローズバッドが何だろうとケーンみたいな奴は嫌いなので点数はこんなもんですが、その計算と粉飾は大したもんだと思います。

 そして物語が詰まらなかろうとそのテーマ性は確かにハッキリしており、それを敢えてケレンで描こうとする方向性には、何だか監督と作品自体が併せ持つ強い自己顕示欲を感じるんです。上昇志向とか挑戦意欲って言ってもいいかも知れない。そんな自信満々な意欲が緻密な計算として画面に溢れ返っていることに、僕が感じた圧迫の理由があったんではないかと思います。まぁオーソン・ウェルズの押しの強い顔にも圧迫はされたんですけど。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)寒山 モノリス砥石[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。