コメンテータ
ランキング
HELP

ぴよっちょさんのコメント: 点数順

★5スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(2005/米)当作を見ることによりエピソード6(ジェダイの帰還)におけるベイダーの心の内を知ることができた。 [review][投票(11)]
★5ラスト サムライ(2003/米=ニュージーランド=日)映画史上、最も美しい桜の場面だった [review][投票(4)]
★5グラン・ブルー(1988/仏)あんな海を知ってる人と、そうでない人の間には根本的な違いがあるんだろうな。 [review][投票(3)]
★5自転車泥棒(1948/伊)切ない。切なすぎる。言いようのない怒りと、圧倒的な悲しさを感じた。[投票(2)]
★5シュレック2(2004/米)ディズニー映画の「美しいことは正しいことなのです」的な流れに・・・ [review][投票(1)]
★5ベルリン・天使の詩(1987/独=仏)「コーヒーが飲みたいな」「お金ないの?」「うん」の会話の後、コーヒー代を当然のように渡す男の人がいいなあ。[投票(1)]
★5存在の耐えられない軽さ(1988/米)ある意味ハッピーエンドだと思う。[投票(1)]
★5ローカル・ヒーロー/夢に生きた男(1983/英)何にもおこらないんだけど、心に残る映画。音楽も好きです。[投票(1)]
★5ブロークバック・マウンテン(2005/米)人が、人を精神的、肉体的に熱烈に恋い慕うのはなぜなのだろう。[投票]
★5お熱いのがお好き(1959/米)ダフネという名前はギリシア神話と関係あったのですね。確実に金持ちのおっさんに金の矢は刺さっていた。 [review][投票]
★5キリング・フィールド(1984/英=米)白人社会の介入により複雑化した戦争、ジャーナリストに振り回されたプラン。有色人種は召使であり、その国は植民地という意識がきっちり見える。[投票]
★5アンジェラの灰(1999/米=アイルランド)学校の先生、教会の人、親戚のおじさんおばさん、結構いい人たち。[投票]
★5マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985/スウェーデン)子ども産んだら長生きしようと思った。 [review][投票]
★5日蔭のふたり(1996/英)大切な本を競売されているのを見るジュードの姿に胸が痛む。高い志があってもままならない世の中は嫌だな。[投票]
★5スティング(1973/米)全然古さを感じさせない。衣装もかっこいい最高の娯楽作品。[投票]
★5キャラクター・孤独な人の肖像(1997/オランダ)執行官の無表情の演技が胸にせまる。人間の複雑さ、愛情深さに心を打たれる。[投票]
★5死の愛撫(1995/米)オープニングの俯瞰映像とBGMが印象的。イギリスの炭鉱の話は物悲しいものが多いですね。 [review][投票]
★4ファインディング・ニモ(2003/米)この映画をみて熱帯魚ブームがあったと聞くけど、それってなんかおかしくなーい? [review][投票(9)]
★4パッション(2004/米)キリスト教の信者(に限らないが)が、その教義を本当に実践したら、世の中のほとんどの争い事はなくなるんじゃなかろうか。結局、昔も今も人間は変わってない。 [review][投票(2)]
★428日後...(2002/オランダ=英=米)あの状況でゾンビに殺されても仕方がないと納得できるが・・・ [review][投票(2)]