コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 地獄の警備員(1992/日)

エイリアン』、『遊星からの物体X』、『ターミネーター』等の恐怖演出を知り尽くしているであろう此の監督が撮った本作は、和製でありながら、目指しているところは典型的な洋物ホラーだった。だが、パクリの一言で終わらせてはいけない。
kiona

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







これはパクリではなく、換骨奪胎である。まず、第一に、たとえばエイリアンが醸成するホラーを宇宙船内部といったSFの舞台ではなく、日常、それも我々の現実のど真ん中で醸成することはできまいか?という発想から始まっている。舞台を日常にした時点で一つ親から逸脱したと同時に、会社という設定自体にも仕掛けがある。つまり、新入りのOLにとっては会社そのものがホラーであるという、現実の人間関係の暗喩が込められている。

で、次に、クリーチャーをどうしますか?という問題が待っているわけだが…この“売り”として用意した日常という舞台は、極めてデリケートな代物で、そこに真顔でクリーチャーを持ち込んでしまっては、せっかく『エイリアン』から逸脱しても、瞬く間に『ターミネーター』に回帰してしまう。というわけで、日常の輪郭を崩さないようなクリーチャーが要求される。答えは一つ、限りなく人間離れした人間である。そして、演出のテーマは、人間という設定を固持しながら、それをいかに異形に見せるか?となる。

この段階で、既存のクリーチャーものの演出がそのまま実戦されるだけで、見事なオリジナリティーを獲得する。あのヒロインが“地獄の警備員”の巣に近付いていくシークエンス!目を凝らせばジョンカペ辺りまんまの演出にもかかわらず、独特の不気味さがある。それは、非日常そのものではなく、日常と非日常の境界線となっていたからこそ不気味だったのだ。或いは、素晴らしかったのは、テレックスを打った男が椅子の下に隠れていたところを、“地獄の警備員(めんどいな、この呼び名)”が見つけ、半殺しにした後!壁に、帽子を被ったヤツのシルエットだけが浮かぶ!怪物通り越して、怪獣のそれ。でも、人間のそれというのが、逆説的な怖さとなっている。

とにかく、殺し方のバリエーションが執拗なまでに追求されていたところに意気込みを感じた。わけても凄かったのは、ロッカーに押し込めての圧殺だろうね。想像すれば、するほど怖え。他に、個人的に嬉しかったのは、ウルトラマン80の役所。登場人物がハリウッド調のバカばっかだとうんざりするが、先のテレックスを打ちに向かったオッサンの献身や、初範の行動力、機転等は、後半の重要なアクセントとなっている。そして、何より、ヤツの大きさ、存在感そのものが良かった。『フランケンシュタイン対地底怪獣』のフランケンシュタインに通じるものを感じた。

ただ、難点が二つ。

制帽にロングコートって言ったら、どうしたって、彼奴を思い出しちゃうでしょう?せめて、腰辺りまでのコートじゃ、駄目だったんでしょうか?襟にフサフサがついたやつとかなら、ボリューム感も補えたと思うんですが。

それから、最後のヤツの台詞は、個人的には、どうにもいただけなかった。ホシヒコ氏が書いておられる様な奥深さは絶対にあると確信するが、見ててそれを感じ取れる類の観客にとっては、その内容は上に書き連ねた演出だけで十分伝わってくるものだった気がした。にもかかわらず、ヤツに台詞を喋らせ、ヒロインの恐怖をすっ飛ばして、また台詞で共鳴させたりする部分に、監督の弱さを感じた。『CURE』も『回路』もそうだった。黒沢清の異世界、異形に対する感受性は正しいと思う。でも、この人は、何故か、それを決定的な部分で理屈に書き下してしまう。その理屈が、自分には、どうにも浅く感じられる。というより、自らの可能性を自ら圧迫しているとしか思えないのだ。

ラストのヤツの「俺を理解する勇気はあるか?/俺を忘れるな!」も、それに対するヒロインの刹那の共鳴も、表情一つで表現させたら、どんなに素晴らしいかと思う。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)赤い戦車[*] moot 3819695[*] crossage[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。