コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 大巨獣ガッパ(1967/日)

ラドンがあくまでプテラノドンが進化した巨大生物であるなら、或いは三首・双尾・金色のキングギドラが宇宙大怪獣であるなら、腕とは別に翼を持つガッパは神獣という冠詞が相応しい。
kiona

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 『怪獣ゴルゴ』(言うまでも無く13号ではない。)という、『ゴジラ』を元にして造られた、確かイタリア製の怪獣映画があって、この『大巨獣ガッパ』はそれを元ネタにしている(らしい)。シネスケには登録はおろかリクエストさえされていないようで残念。俺も未見だし、情報不足なので、リクエストする気になれず。ちなみに、俺の親父は観たと豪語している。「嘘こけ。」と言ったら「いや、確か子供を助けに来るんだよ。」と言っていたので、この『ガッパ』との相関関係を考えるに、どうも本当っぽい。う〜む、ときに、我が親父を羨ましいと思うことが二つだけあるとすれば、1954年に『七人の侍』と、そして『ゴジラ』を観ていることか。考えてみればすげえ年、ぶっちゃっけ、その後の娯楽映画を決定付けた年だと言っても過言じゃないだろう。一方は人間VS人間を、一方は人間VS怪物を描ききったという点にあって、その後の娯楽映画は この1954年の呪縛から一歩も出ていないんじゃなかろうか。だいだい、そこいらの日本人監督がちょっとどっかの映画際に出たぐらいでもう天下取ったような気になり、最盛期の日本映画に受けた恩恵を忘れ、この二本にさえ敬意を払わないのを見ると、げんこつまんじゅうくれてやらないことには気がすまない気分になる俺である。…何の話してたんだけ?そうだ、ガッパだ、ガッパ。

 元ネタがあるにしても、このガッパという怪獣のキャラ作りは独創的だ。核による奇形児か斬新な宇宙怪獣が基本の東宝怪獣やいまいち安直な巨大生物ばかりの大映怪獣に比べ、このガッパは、デザイン面からも、演出面からも、シナリオ面からも、まさに地味だが神々しいという神獣ぶりが遺憾なく発揮され、日活の放った最初で最後の快打となっている。目を強調するカットが天罰的な怖さを実に上手く表現していたし、何と言っても海から飛び上がるシーンがいい。つがいである事が最大限に活かされたシーンだった。人間社会を襲うにも、子供をさらわれたからという明確な動機があり、文明にはおかしちゃならない領域があるんだというメッセージは、まさに神獣に相応しい。(ただし、茹蛸をくわえていた意味は今もって不明。)

 さらに特筆すべきは本編。傲慢な企業家と野心家の記者とこれまた野心に駆られた生物学者が三つ巴となり、どろどろとした大人の世界を展開するんだが、そんな大人たちのエゴを解きほぐしたのは、故郷のためにはるばるやってきた原住民の少年と企業家の娘、幼くして母を亡くした娘の涙。親父の傲慢さに対し、彼女は叫ぶ。子供をお母さんに返してあげて、と。…と、こうやって書いたら物凄い傑作のような感じがするでしょ?

 でも、実際のところは、結構、突っ込みどころがあり、今見ると偽善とすれすれだったりしていた。間違っているのではなく、足りないのです。いくら改心したって、おまえらのせいで熱海が壊滅したんだぞ?それで、一件落着かよ?などという野暮な突っ込みはしなかったとしても、もう少し丁寧にやって欲しかった。企業家の社長の傲慢さや新聞記者の野心にも、それぞれ事情があるということを結構描けていたので、大人の気持ちを解きほぐし神獣との和解を導く重大な役どころである少女と少年の描き方にもう一工夫欲しかった。

 短尺が作品の可能性を殺してしまっている。脚本を練り直してリメイクしてもらいたいような、もったいない一本である。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (7 人)水那岐[*] べーたん 直人[*] ゼロゼロUFO[*] 荒馬大介[*] ina 甘崎庵[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。