コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] あじさいの歌(1960/日)

石坂洋次郎によるお節介の相互作用が織りなす、恋愛劇のようなもの。なんだかんだで客寄せパンダである芦川いづみのヒロイン主張を轟夕起子が見事に掻っ攫ってゆく。他人事には首をつっこみたがる石原裕次郎もすっかりお株を奪われた形だ。
(★4 水那岐)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)Save the CINEMA (ゑぎ)[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。