コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ウンベルト・D(1952/伊)

脚本家ザヴァッティーニ50歳、初老にさしかかりこの作品が生まれた。誰が50前に老後の事を真剣に考えよう。今日本2018年、来年消費税は10%に上がり、更に年金は減少する。本作の評価は年々高まることだろう。(?)
KEI

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







主人公は公務員勤続30年、自分は・・・という誇りがある。いや皆でもが同じだろう。金が底をついたからと言って、誰が物乞いなぞしたくあるものか。

だから覚えておいて欲しい`誇りをもって生きるには、金が要るんだ’という事を。

そしてもう一つ。本作で金の解決は示されないけれど、人それぞれだからあえて解決を示さなかったのだろうと思う。主人公はフライクと一緒の生活が、一番の幸せなのだ。まだまだ倖せは続く。そう考えると、今後どんな境遇に在ろうとも、彼は幸せだ。それを暗示するラスト。作者は主人公にそれを分かってほしかったラスト。駆けて行く子供たちとは別の喜び、倖せがある。やはり、良いラストシーンだと思う。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)寒山[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。