コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アイ・ラヴ・ユー(1999/日)

こういう作品にありがちな“美しく装った”感じはあった‐主人公も美しい‐が、意外と“硬派”で随所に生の声が飛び交っていた。そこを買いたい。つまり―
KEI

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







女子事務員であった主人公の元上司(公務員)が言うセリフ「文句は言わない、聴こえない、で助かりました」〜こんなセリフでOKかよ。 

また、ろう者がはっきり一言「聴者は嫌いだ!」〜この映画ではその人の背景は特に描かれていないが、当然今迄いろいろあったはずだし、こういうろう者は多いと思う。

そして娘をキズ者(古いね)にされた父親が詰め寄る「生まれてくる子供がろう者だったらどうするんだ!」・・・

かわいそうという同情が重荷になる―。手話は仏語とか英語とかと同じで1つの言葉だ―。

私は“聴者”という言葉さえ知らなかった。まだまだ認識を改める必要がありそうだ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。