コメンテータ
ランキング
HELP

緑雨さんのコメント: 投票数順

★5鬼が来た!(2000/中国)凄すぎて批評なんてできない。できるのはただ、この映画を観て感じて何かを学ぼうとすること。一人でも多くの日本人、中国人、世界の人々に鑑賞されることを願って止まない。 [review][投票(28)]
★5あの頃ペニー・レインと(2000/米)この映画には「愛」の言葉が溢れている。 [review][投票(25)]
★4硫黄島からの手紙(2006/米)イーストウッドとアメリカ人スタッフの、誠意と限界。それでも賛辞を贈りたい。 [review][投票(17)]
★5ラブ・アクチュアリー(2003/英=米)他人には見せられない、本当の姿。 [review][投票(17)]
★3戦場のピアニスト(2002/英=独=仏=ポーランド)リアリズムに徹すると映画はつまらなくなる…ということか。 [review][投票(16)]
★4ビッグ・フィッシュ(2003/米)映画なんて所詮は「作りもの」・・・のはずなのに。 [review][投票(14)]
★4華氏911(2004/米)いろいろ言われているが「このままでは本当にヤバイ」というマイケル・ムーアの真摯な危機感だけはホンモノだろう。そして、この映画を観た人は皆、自らの立ち居振る舞いが問われていることを自覚すべきだと思う。 [review][投票(13)]
★4誰も知らない(2004/日)思いやりとは他者に対する想像力。 [review][投票(13)]
★3ノー・マンズ・ランド(2001/伊=英=ベルギー=仏=スロベニア)素直に笑えないユーモア、インパクトを感じないラスト。そして鑑賞後しばらく経ってから生まれ、未だに晴れない、自分自身への疑念。。 [review][投票(13)]
★4クレイマー、クレイマー(1979/米)「母親(メリル・ストリープ)の身勝手さが許せない」「理解できない」というコメントが多いことがちょっと意外です。もちろん僕も途中までは「なんて女だ!」と思って観てました。でも… [review][投票(13)]
★4コンタクト(1997/米)少女時代のシーンが簡潔ながらとても良い感じだったので、全編通して彼女の行動に感情移入することができました。 [review][投票(13)]
★4シザーハンズ(1990/米)好きな相手でも触れれば傷つけてしまう悲しさ。エドワードに興味本位で近づき、深く理解しようともせず手のひらを返して憎み始める、大衆の無責任さと残酷さ、こちらもよく描かれていた。雪の中で舞うウィノナ・ライダーが美しい。[投票(12)]
★4キル・ビル Vol.2(2004/米)女であり母であり、そして、殺し屋である。相容れない二つの顔。最終章における緊張と弛緩の微妙な匙加減は、彼女が抱えた内的矛盾の表現として秀逸。やられた。 [review][投票(11)]
★5情婦(1957/米)強烈な往復ビンタを食らったみたいな…幸せ。 [review][投票(11)]
★5太陽を盗んだ男(1979/日)邦画洋画問わずこれと同類にカテゴライズできそうな映画って、まず思いつかない。だからこそ伝説たり得たんだろう。ストーリーテリングの放棄ともとれる終盤の暴走も断然擁護。だって面白いから。 [review][投票(11)]
★4アポロ13(1995/米)地球を飛出て月へ行くのも、トラブルを発生させるのも回避するのも、みんな人間の所業。人間の力は果たして大きいのか、小さいのか。 [review][投票(11)]
★2ダークナイト ライジング(2012/米=英)登場人物の存在がプロットに辻褄をつけるための「説明」そのものになってしまっている。『バットマン・ビギンズ』でスーツやマスクを自作する件りまで丹念に見せていたディテールへの執着はどこに行ってしまったのだろう。 [review][投票(10)]
★4悪人(2010/日)今のこの国に充満している負の空気を的確にフィルムに焼き付けている。冒頭から中盤まで、観ていて心がざわざわするような息苦しさに襲われ続けた。 [review][投票(10)]
★4驟雨(1956/日)不器用で天然っぷりがかわいらしい原節子と、家では虚勢を張っているが外に出ると器の小ささを露呈する胃弱夫・佐野周二。典型的な小市民の子無し夫婦の姿を見るようで、身につまされるとともに苦笑がもれる。 [review][投票(10)]
★4シンドラーのリスト(1993/米)現代を生きる我々が当たり前のように享受している「理」(理性、論理、理屈、義理・・・)。ここでは「理」はなんの力も持たず、圧倒的な暴力の前に完全に屈服している。唯一それに対抗する手段は「金=Money」であった。 [review][投票(10)]