コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] トスカーナの贋作(2010/仏=伊=ベルギー)

贋作をモチーフに、虚構(妄想)が現実とシームレスに溶け込んでいく、独特の作品世界を支えるジュリエット・ビノシュが素晴らしい。時に高揚し、時に落涙し、感情の起伏を画面から横溢させる。胸元のユルさにも唆られる。
緑雨

それにしても、相手役にどうしてこんなつまらない俳優を起用したのだろう?英国人の生硬さを表現したかったのかもしれないが、例えばこれがコリン・ファースあたりだったら、もっと味が出ただろうに。

デルピー、ホーク&リンクレイターの「ビフォア〜」三部作とどうしても比較してしまうが、こちらの会話劇はちょっと高尚なところを狙いすぎか。英語、イタリア語、フランス語の理解可否によりコミュニケーションが非対称になるのは面白い。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)ゑぎ ぽんしゅう[*] 3819695[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。