コメンテータ
ランキング
HELP

ALOHAさんのコメント: 点数順

★5シックス・センス(1999/米)非常によくできた映画。何度見ても新しい発見。 2度目以降に気づいたんだけど、映画の中のいくつものシーンで「赤」が印象的に使われていましたね。 あの「赤」にはどんな意味が含まれているのでしょう・・・。 [review][投票(25)]
★5スター・ウォーズ(1977/米)おばあちゃんを連れていって、生まれて初めて指定席に座った。2階席、ど真ん中の一番前。自分の席がコックピットになった。おばあちゃんも一緒に揺れていた。[投票(12)]
★5男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983/日)この一本だけは、本当に寅さんに結婚して欲しかった![投票(5)]
★5君の名は。(2016/日)この映画は、運命の作られ方。を映画化したものだ。(追記しました) [review][投票(4)]
★5犬神家の一族(1976/日)好きなんだな〜。何度でも見られちゃう。ストーリー展開、登場キャラクターどれをとってもいい! 「スケキヨ」は永遠に不滅です! [review][投票(4)]
★5崖の上のポニョ(2008/日)これは、宮崎駿、母に捧ぐ最期のファンタジー [review][投票(3)]
★5風立ちぬ(2013/日)一貫として描かれるのは「純粋」な「美」。 この映画は宮崎駿の「仕様書」だ。 [review][投票(3)]
★5マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009/米)才能と優しさに溢れていた。[投票(3)]
★5プラダを着た悪魔(2006/米)この前の休日に買った服。いつ着ていこうかな〜とワクワク♪ 着ていく当日は、なにか自分が120%くらいのパフォーマンスが出せるような気がしませんか?自信がメラメラと・・・。 ファッションには不思議な力がありますね。 真剣に取り組むべき魅力ある仕事だと思います。そして「仕事」とは・・・ [review][投票(3)]
★5ラブ・アクチュアリー(2003/英=米)ラスト・サムライでも泣かなかったのに、こらえられなかった。あなたもどこかに「琴線」があるはずだ。[投票(3)]
★5スクール・オブ・ロック(2003/米=独)初めて見る映画なのに、寅さんシリーズのお約束のように笑えた。 [review][投票(2)]
★5レオン(1994/仏=米)男は優しく、弱いもの。だけどそれを見せる事はできない。殺し屋であれば特にね。 でも、たまには映画館の中で本当の自分に戻るのさ。 [review][投票(2)]
★5トゥームレイダー(2001/米)恋は盲目。アンジェリーナ・ジョリーに惚れて最高の映画となった。 前半は“胸”にばかり目が行ってしまったので、もう1回見る予定。[投票(2)]
★5ダイ・ハード(1988/米)1つ1つのシーンすべてに意味があり、伏線となっている・・・まったく無駄の無い、筋肉質な映画! この映画を見たら、どんな人でも映画好きになるでしょう![投票(2)]
★5サイコ(1960/米)見終わった後、モノクロの映画だったという感じがしない。バスタブに流れる鮮血の記憶は天然色。[投票(2)]
★5グラディエーター(2000/米)冒頭の戦闘シーン。あっ、古代ではこうやって戦っていたんだ!!頭の中でビジュアルに戦闘シーンが描けるようになりました。これが映画の魅力。 [投票(2)]
★5ローマの休日(1953/米)ローマまで行ってきました。マルグッタ51。そこにはアパートが本当にあるんです。 この映画でオードリーは永遠になりました。[投票(2)]
★5ショウほど素敵な商売はない(1954/米)楽しい!家族最高!! マリリンが可愛くて脇役なのがまたいい!(^^ [投票(1)]
★5ソーシャル・ネットワーク(2010/米)ネットは究極のグローバル化、すなわち何のギャップもない均質な世界に向かう。しかし、それを牽引する人間は極めて異端。人類は操る側と操られる側に二極化する。均質な世界は異端のおもちゃだ。[投票(1)]
★5ミックマック(2009/仏)アメリちゃん同様、いたずら?にやりすぎ感がちょっとあるんだけど、楽しくイッキに最後まで観られました。どのシーンも構図がとても美しい!![投票(1)]