コメンテータ
ランキング
HELP

ゑぎさんのコメント: 投票数順

★3ショコラ(2000/米)ハルストレムがハリウッド文芸映画の質を底支えしているのも確かだと思う。 [review][投票]
★4ハイ・シェラ(1941/米)ジョン・ヒューストンのシナリオが感傷的過ぎることを差し引いたとしても、ラオール・ウォルシュの演出はホークスやヒッチコックと比べ、突出が無いと思う。器用にまとめすぎていると思う。いいシーン、忘れられないカットが沢山あるし、ウォルシュはとても可愛いと思うのだが。[投票]
★4遠い太鼓(1951/米)このご都合主義のハッピーエンドこそ映画の幸福か。 [review][投票]
★5白熱(1949/米)なんと良くできた映画。ウォルシュにはとんでもなくつまらない映画も沢山あるんだけど、時おりこの『白熱』のようなグレート・ムービーを撮るんだから見逃せない。[投票]
★4クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001/日)実に観客の心を揺さぶるツボを押さえた映画だが、この映画の活劇性はイマイチだと思う。 [review][投票]
★4逃亡者(1947/米)フォードとガブリエル・フィゲロアとの幸福なコラボレーション。 [review][投票]
★3肉弾鬼中隊(1934/米)七人の侍』の元ネタでしょう。 [review][投票]
★5周遊する蒸気船(1935/米)こんなにお腹の底から笑える映画はちょっと無い。 [review][投票]
★4レッドライン7000(1965/米)やっぱりホークスは天才だ! [review][投票]
★4果てしなき蒼空(1952/米)ホークスのなんという安定感。もうこの映画は傑作である、という冒頭からの確信。ラッセル・ハーランによるロケーションとスタジオ撮影との見事なルックの統一。なるほど、ハリウッドの一流の仕事とはこういうもんだ。カーク・ダグラスでさえ、一貫性がある。[投票]
★3俺たちは天使じゃない(1955/米)映画は撮影。画を作る段階で創意がなければ映画は死んでしまう。 [review][投票]
★4大自然の凱歌(1936/米)紛れもなくハワード・ホークスの映画。素晴らしい映画的空間は全てホークスの刻印。 [review][投票]