コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 瘋癲老人日記(1962/日)

日本映画史上最強の足フェチ映画。実は、本作の原作は私が読んだ谷崎の中でも一番好きな小説で、木村恵吾山村聡若尾文子で映画化しているという事実を知ったときから、見たくて見たくてしようがなかった作品だ。さて見てみると、想像通りの素晴らしい出来なのだ。
ゑぎ

 なんというアイロニー。題材に比して、全編ほとんど格調高いローアングル。屋内の引き気味のフルショット。空ショットも多い。アクション繋ぎもばっちり決まっており、小津を意識したのかな、と思える部分もあるのだが、いや、多分違うのでしょうね。横移動のカットも結構ある。若尾へのディレクションも素晴らしいが、山村の演技は凄絶です。本当はどうか分かりませんが、山村自身が思いっきり楽しんで演じているように見える。しかし、エンディング近くの仏足石の足型取りのくだり(山村が若尾の足の拓本を取ろうとするシーン)の執拗さは木村恵吾が粘ったのだろう。いつ果てるともなく、足型取りを繰り返すのだ。若尾文子がくたくたになるまで!そしてラストカットの突き放し、客観描写の冷徹さも唖然とする素晴らしさ。

#備忘で配役などを

・山村聡の家族構成。妻は東山千栄子。同居する長男が川崎敬三。その嫁が若尾。山村と東山の娘たちに村田知栄子丹阿弥谷津子。村田は京都在住。家族旅行の風呂場のシーンで村田の乳房が露わになるカットがある。吃驚。

・若尾の若いボーイフレンドに石井竜一。丹阿弥の友人で藤原礼子も出ている。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)赤い戦車

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。