コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 銭形平次捕物控 八人の花嫁(1958/日)

この夕暮れのアヴァン・タイトル、なかなかしびれる画面だ。クレジット後すぐに事件が起こり、山本富士子中村玉緒八千草薫が相次いで登場し、エノケンの八五郎、そして長谷川一夫の平次がタメを作って画面に現れる、という辺りは本当にワクワクさせる出だし。
ゑぎ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 中盤までもエノケンとダイマルラケットのコメディパートが面白いし、楠トシエの弓だとか綱渡りだとか趣向を凝らして興味を引くが、しかしラスト近くからいきなり唖然とするほど繋ぎが悪くなってしまう。網にかかった平次が捕らえられていたにもかかわらず、いとも簡単に逃げてしまう。山本富士子が川舟に乗っている唐突さはどうしたことか。ラストの普請場の斬り合いも何だか大袈裟なだけで締まらない演出だ。惜しい。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。