コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ハウルの動く城(2004/日)

全般にキャラクターのルックスに魅力というが画力が足りない、というのが私の第一感なのだが、しかし出鱈目な面白さ、という意味では『千と千尋の神隠し』よりもいいと思う。興奮する。
ゑぎ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 滑り出しの興奮度は『千と千尋』に軍配を上げるが、ラストへ向かってどんどん破綻させていく常軌を逸した展開と、アクションとしての画面の具現化という部分では断然こちらの方が興奮する。

 これは「老い」と白いエプロンの映画であり、「飛翔」の映画ではなく「落下」の映画であり、圧倒的な「瓦解」の映画だ。そして何よりも清らかな恋愛譚だ。これらの特質は多くは『カリオストロの城』にまでさかのぼることのできる宮崎駿の特質で、本作においては特に「落下」と「瓦解」のアクションがストロングポイントになっており、興奮をそそる。

 あと、本作は宮崎にとっては珍しい、自らの原作ではない、既存の原作(英国の児童書)の脚色作品だが、その驚くべき映画的な自由な翻案について指摘しておきたい。まず第一に、タイトルになっている「動く城」の造型のスペクタキュラーなこと!ある意味タイトルロールなので、気合入りまくりだったのだろうけれど、この城の造型はかなりの突出感がある。そしてキャラクターの原作からの崩し方も尋常でなく、特に荒地の魔女(美輪明宏)の扱い、後半の関連するシーケンスの脱臼ぶりには驚かされた。このあたりを楽しめるかどうかは観客を選ぶところがあるように思う。というか、もっと単純にアクション−画面の躍動感−を楽しむべきだろうが。

#ちなみに、魔法使いが戦争に加担させられているという基本設定は、原作そのもの(「Howl’s Moving Castle」)ではなく、続編(「Castle in the Air」)の設定を使っている。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)寒山[*] Orpheus[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。