コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 足にさわった女(1952/日)

越路吹雪が歌唱するアップカットから始まる。続いて女性の様々な足のスチル写真。そこにクレジットが入るオシャレなオープニング。しかし、本編は全体に、ちょっともっさりした喜劇だ。大阪〜田子の浦〜熱海〜下田〜東京と舞台が移るロードムービーでもある。
ゑぎ

 もう一人の主人公、池部良は大阪のスリ科の刑事。休暇で東京の美人コンクールを見に行く。その車中でスリの越路に会う。そこに作家(坂々安古という役名!)の山村聡や、越路の弟分の伊藤雄之助が絡んで珍道中が描かれる。タイトルは、見明凡太郎の足を、前に座った越路の足が触る場面を指している。

 矢張り、本作の市川崑演出も、違和感が多く、例えば田子の浦の場面で線路脇の井戸水を飲み、水をかけ合うシーンがあるのだが、このあたりも、全然繋ぎが上手くいっていないと思う。池部良もスマートさを欠く。伊藤雄之助のキャラ造型、強烈な顔面には救われる。あと、熱海から下田への船の場面で、山村の姪役で岡田茉莉子がワンシーンだけ出て来るのだが、越路を見て「越路吹雪に似てる」などと云うのも、常套過ぎる。岡田の登場の清涼効果は大きいが。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。