コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 岸辺の旅(2015/日=仏)

実にスリリングな映画だ。絶妙に現実を超えたフィルムの触感。風に揺れる白いカーテン。度々行われるベッドメイクと白いシーツ。靄のような白いガス。そして美しい山あいの風景と滝の俯瞰。
ゑぎ

 また、本作は随所でカメラの視点の絶対性を感じさせる。フレームの中にいるものが絶対で、フレームの中から消えると存在も消える。このルールの徹底は、カメラの存在をことさらに意識させる。これもまたスリリングなのだ。そういう意味で、深津絵里も生身の人間なのだろうか。登場の横顔カットにしても、彼女こそ幽霊ではないのか。

 そんな中で、病院のシーンでの深津と蒼井優との切り返し(リバースショット)がいい。私はこゝが一番緊張した。やっぱり映画の王道は切り返しでスリルを醸成することだ。そして蒼井優の表情が怖い!あと、脇役では何といっても小松政夫がいい。

 幽霊譚ではあるが、同時にそこかしこにユーモアも散りばめられていて、そのバランスも素晴らしい。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)濡れ鼠 disjunctive[*] deenity[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。