コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017/米)

予想通りのCG使い倒し映画で全体に安っぽい画面なのだが、古代エジプト王女−ソフィア・ブテラに関連する部分、例えば、生きたままミイラとして埋められる場面での、嘆きの口をした大きな像など美術はわりといい。
ゑぎ

 活劇として飽きさせないローラーコースター感は維持するが、それにしても、キャラクターは、みんな複雑過ぎるというか、分裂しているというか、なんでもあり感満載なのだ。特にトム・クルーズの自我のありようはプロットの奴隷のように、ご都合主義だ。ジェイク・ジョンソン演じる相棒ヴェイルも、悪い奴なのかいい奴なのか、はっきりしない。ラッセル・クロウの分裂ぶり足るや、と云いたいが、実はクロウの意味不明な豹変のくだりは私は大好きです。笑える。

 しかし、ヒロイン−アナベル・ウォーリスの扱いは、登場シーンで既にクルーズと一夜かぎりの関係を持っことがある、というヒロインにはあるまじきシチュエーション設定で、その時点で「なんじゃこりゃ」と思ってしまったが、特に伏線として必要な設定でもない訳で、ヒロインの魅力を初っ端から損ねるだけになっている。

 ロンドン地下の水中で、ミイラが泳ぎながら追いかけてくる画は面白かった。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)サイモン64[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。