コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ワンダーウーマン(2017/米)

まず、ちょっと驚いたのは、嬉しいことに随分と夜のシーンが多いことだ。或いは曇天も多い。パラダイス島の昼間シーンは晴天ばかりなので、この島の美しさを強調することにもなっている。
ゑぎ

 とは云え、島のシーンでも、例えば、島を出て行こうとする夜の場面はかなりのローキーだし、その後も、夜の船上のシーンもある。ロンドンに着いて以降は、パラダイス島と対比するように、曇天と汚れた街並、或いは戦場の殺伐とした風景が印象に残る。クライマックスの軍神アレスとの死闘も夜だ。。

 もう一つ、予想に反したのは、もっとアクションの爆発的な表現が沢山あるのかと思っていたのだが、あまりなかったことだ。瞠目するシーンは、塹壕からの突撃後、占拠された町「Veld」での大暴れぐらいだ。ストップモーションに近い高速道撮影で、これ見よがしなCGの世界だが、プリプロダクションでの設計が綿密でないと、このような画面を造型することはできないだろう。いずれにしても、この町の解放シーンのあたりが、一番良い場面の連続で、集まった「はみ出し者」チームに、ネイティブアメリカンの酋長が加わって、野営をする、という西部劇的シーンもあったり、解放した町での夜のシーンもしっとりしていていい。雪が降って来る瞬間には感動するのだが、ただ、欲を云えば、もっともっと美しい雪降らしが欲しい、とも思った。ま、とにかく、戦場を舞台にする映画には、魅力的な夜の場面が必要なのだ。

 さて、繋がりの悪い部分も結構あって、狙撃手チャーリーの扱いなんかは、当然あるべきシーンの欠落が気になりもするが、もっと引っかかってしまったのは実は、船上の二人の会話シーンだ。会話自体はかなりセクシャルなものなのだが、人間の世界のことを書物でよく勉強して、知っている、ということを分からせる、説明的なシーンだし、ジェンダー・ステレオタイプについての目配せを挟み込みたかったのだろうが、何よりも演出がまったくセクシーじゃない、頭でっかちなシーンだ。これはよろしくありません。

 あと、特筆しておきたいのは、冒頭の神話についての語りの場面。絵画的な画面の造型はとても格調高くて、期待を募らせてくれる。これは良い導入部だと思った。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)3819695[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。