コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 希望のかなた(2017/フィンランド)

まずは、王道のリーバスショットの映画として印象に残る。例えば、ヴィクストロム=サカリ・クオスマネンと、洋品店の女店主=カティ・オウティネンとの会話シーン。例えば、主人公カーリド=シェルワン・ハジと収容施設の女性との会話。
ゑぎ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 特に、オウティネンとの会話シーンは、正面バストショットに近い(小津まではいかないが、小津に近い)構図で、観客に引っかかるように造型している。

 また、プロット展開上の要請と云ってしまえばそれまでだが、隠蔽(隠す)というモチーフが散りばめられる。主人公カーリドは、『地獄の黙示録』のカーツの帝国におけるマーティン・シーンのような登場をする。カーリドの妹も、別の形で、隠された場所から登場する。その他に隠れる/隠すという場面がいくつもある。ただし、エンディングのカーリドは何故か隠れることをせず、無防備に体をさらすのだ。だから、余計に胸を打つ。

 本作においても、画面内で演奏される音楽が、抜群の効果を発揮するのだが、BGMで流れる日本語歌謡曲の挿入と、ラストのカーリドの突き放しを考えると、『台北ストーリ』を想起せずにはいられなかった。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)ぽんしゅう[*] 赤い戦車 水那岐[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。