コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 8年越しの花嫁(2017/日)

ファーストカットは、入院中の土屋太鳳のカット。次に、もくもくとわき上がる雲のカットが来るのだが、もうこの冒頭から心掴まれる。本作もまた、主演女優の顔の映画だ。土屋の顔は、通常生活時、重篤な状態、回復期、記憶を取り戻そうとする終盤、いずれのシーンにおいても、画面に釘付けになる力を持っている。
ゑぎ

 実は、随所で岡田惠和のプロットはベタ過ぎるし、科白はありきたりだとも思う。もっと切って欲しいと感じたカット(特に回想・フラッシュバックや携帯電話の動画の重複)もある。しかし、それでも奇をてらわない正攻法の瀬々敬久演出と、安定した斉藤幸一の撮影によって、全編に亘って力のある画面を造型し、緩みがない出来だと思う。

 まず全般に、岡山の街の、海と山が近いロケーションの取り入れが、奏功している。プロポーズする場面の夜景や、小豆島での歌舞伎観劇、校庭のブランコとその後景のきらきらする海のカットなど、望遠撮影の画面が美しく、胸を打つ。特に、このブランコのシーンは見事な造型で、さらに、校庭へ土屋が車椅子で訪ねて行く場面からのクライマックスは本当に良く撮れた感動的なシーンだ。抱きしめられて歩く土屋の顔を俯瞰気味に撮ったカットにしびれる。

 土屋のことばかりを書いてしまったが、佐藤健の納得性の創出も良い仕事だ。現実離れしたキャラクターだと思うが(事実は奇なりなのだが)、納得させられる表情と所作、リアクションを繰り出し続けるのだ。

 そして、佐藤健が撮影する携帯電話の動画の使い方についても特筆すべきだろう。かつて、映画の中でプライベートムービー(8mmフィルム等)が上映される映画は数多あるけれど、本作の携帯電話の画面も、立派に映画中映画として説得力を持って機能する。それはエンドクレジット中まで続き、この部分も、とても満足感がある。(上手に撮影され過ぎているきらいはあるけれど)

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。