コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 15時17分、パリ行き(2018/米)

映画には達者な演技なんて全然必要じゃないのは、リュミエールの頃から分かっていることだ。素人ばかりを主要な配役に起用している映画なんて数多あるし、正直私は、ジュディ・グリア(スペンサーの母親)やジェナ・フィッシャー(アレクの母親)といった玄人俳優の演技よりも、主演3人の若者の方がずっと好感が持てる。
ゑぎ

 たとえが古すぎるが、映画の被写体においては、ローレンス・オリヴィエよりも、常にジョン・ウェインの方が優位である、という事実と似たようなことだ。素人俳優に魅力を感じさせる、という成果は、素直にイーストウッドの演出力なのだろうとは思う。

 しかしだ、当事者が本人を演じている、という部分については、これだって、そんな映画は過去に何本もあるわけで、本作のこの趣向について、有難がる必要はないと思うのだ。ラストの記録映像との整合という方便だけは、勿論奏功しているけれど、私が云うのも気が引けますが、これって、あまりにテクニカルな美点ではないだろうか。

 さて、映画全体の感想を云えば、近年のイーストウッドの水準以上でも以下でもない、凡作という言葉を使うほど酷くはないが、過去の傑作群の力を考えると寂しい出来だと私は思う。まず、前半の母親2人と学校の教師陣の、ステレオタイプな薄っぺらい人物造型に驚いた。『チェンジリング』ぐらいまでのイーストウッドだと、こんなことはなかったよなぁ、と思う。この印象の悪さが私は後に残ってしまった。

 結局やっぱり、本作の一番の見どころは、ヨーロッパ旅行の各シーンではなかろうか。特にイタリアでの、船で東洋系の女性と知り合う場面の、いきなり船外の視点のカットになる演出はキャッチする。こゝだけじゃなく、こういうきめ細かな視点移動は随所にある。ホテルの受付嬢が階段を上るシーンなんかもそうだ。また、アムステルダムのクラブのシーンの濃密度も特記すべきで、これが本当にイーストウッドのディレクションなら(って、なんか疑っているのだが)、老いを感じさせない嬉しくなるシーンだった。あと、アフガニスタンとアムステルダムのシーンへの転換が顕著だが、地名のクレジットも出さずに、いきなり空間をジャンプするカッティングはいい。一見不親切な繋ぎだが、まずは、観客を驚かしてから(この場合だと、これどこ?って思わせてから)、後のシーンで観客に分からせる、というのはとっても大事な順番だと思う。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)けにろん[*] 3819695[*] 動物園のクマ[*] 緑雨[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。