コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ホットギミック ガールミーツボーイ(2019/日)

冒頭のタイトルクレジットが入る、ゆりかもめの市場前駅のシーケンスショットは圧巻。堀未央奈清水尋也−橘くんによるホームでのやりとりを、向こうから車両が入ってきて、乗客が降車し二人の横を通り過ぎるまでワンカットで見せる。まるで相米のよう。
ゑぎ

 前半は、極端に云えば清水尋也の場面だけ面白い、と思いながら見た。とんでもないハラスメントだが。そんな現実臭いことを云っても仕方がない。これは映画なのだから。しかし最終的に、バカ肯定映画として収斂させているのは、とても賢明な措置だろう。チャングム・板垣瑞生−小田切くんも、良く成りきっているのだが、清水尋也の圧勝、というところだ。

 また、本作でも山戸結希は、カッティングの才を大いに感じさせる。ポラロイドのようなインスタントカメラによるスチル写真の挿入。この技巧も大したものだし、堀がスタジオにパスポートを届けに行った後の、板垣と2人の会話とキスシーン等も見事なカッティングだ。ラスト近くの、堀と清水がマンション近くの公園を歩きながら延々と会話するシーンの迫力も凄い。

 ということで、本作は全般に、とても満足する出来なのだが、無粋と思いながら、プロット構成の難について書いておきたい。可哀そうだが、妹・茜−桜田ひよりのシーンは全部要らないと思った。プロットを散漫にしているだけじゃないか。お兄ちゃん−間宮祥太朗との関係に絞った方がいい。それに妹とお兄ちゃんは、直接的には全然絡まないのだから。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。