コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ジョーカー(2019/米)

もうホアキン・フェニックスの映画、としか云いようがない。勿論、撮影や演出等も、彼の創意を引き出すことに貢献しているのだが、しかし、主演者のポテンシャルが圧倒的に映画を支えている類の作品であることは間違いない。例えば、フェニックス以外のキャラクターは上手くいっていると思えない。
ゑぎ

 母親フランセス・コンロイやトーマス・ウェインの造型は鬱陶しいし、ロバート・デ・ニーロについても、違和感を感じる。一貫性を欠いている。道化師−チャップリンへの志向も、本作の感傷性を象徴する。ドライな、あるいはクールな、図太さというものが欠けているのだ。そういう意味では、エンディングは、変な付け足しにも思えるのだが、シナトラ「ザッツ・ライフ」の使い方含めてふざけており、美点かも知れない。

 あと、この迫力のある劇伴が、観客の興奮に随分と寄与していることは了解しているが、それにしても、全編途切れず流れており、節操ないとも思ってしまう。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)ナム太郎[*] 水那岐 週一本[*] 濡れ鼠

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。