コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] さんかく窓の外側は夜(2021/日)

多くの方が指摘するところだと思いますが、志尊淳岡田将生の紛うことなき恋愛映画ですね。バックハグのシーンが何度も。志尊と平手友梨奈が、貯金箱へ一緒に入っていく場面で、この二人の恋愛映画にギアシフトするのかと期待したのだが、やっぱり、平手は蚊帳の外になる。
ゑぎ

 ファーストカットが『お早よう』の土手みたいで、まず好感を持ったのですが、こゝに何度も戻る(フラッシュバックする)のは鬱陶しい。ただし、本作の幽霊の造型、見せ方は悪くないと思います。本屋の店内での、最初のさんかく窓から、タイトルバックで、万華鏡、螺旋階段の俯瞰(綺麗な三角形)などを見せるのもいい調子。平手の登場は、フルショットで足からのティルトアップ。彼女の最初の出番は、良かれ悪しかれ、強烈に印象に残る悪のイメージなので、私はかなり、期待しました。ま、原作モノなので難しいでしょうが、最後まで悪役で造型されていれば、面白かったろうに、と思います。全編通じて平手の扱いは勿体ない。

 さて、大岡川の近く、福富町にある貯金箱について。この装置の禍々しさは、かなりいい線いっていると思う。蜘蛛の巣のイメージと平手の緊縛プレイ。こゝは、もっと変態的に過剰でも良かった。目や耳から黒い液体が流れる、というデザインは少々ありきたりだとも思うのですが、桜井ユキのソファでのカットには、ちょっと笑っちゃいました。万華鏡はローズバッド、という収束も、今や何の驚きもない、というか(なので、別にネタバレでもないでしょう)、ありきたりな作劇に感じられてしまいますが、全体に、画面作りには見どころの多い、そういう意味では、良作だと思います。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。