コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] すばらしき世界(2021/日)

窓の鉄格子に雪が積もる。冒頭の旭川刑務所のシーケンスは、もっと簡易にすれば良いのに、と思いながら見たのだが、出所者に、被害者(死者)への罪の意識は殆んどない、ということ示した部分は重要だろう。最後まで、この部分に回帰しないのは落ち着きが悪い。
ゑぎ

 役所広司の造型は鬼気迫るものがあり、彼の演技を見ているだけで、十分に面白かったし、太賀(仲野太賀)も含めて、この二人の主演者には満足感が高い。でも、演出には違和感が多い映画だった。例えば、太賀から役所への電話の場面で、泣き叫ぶ子供と迎えに来る母親を挿入する冗長さがイヤらしい。あと、俳優では、長澤まさみのキャラが上手くいっていない。多分、嫌なテレビ業界人として描こうとしているのだろうと推察するが、中途半端だ。あるいは、いきなり東京タワーの空撮に、女性ジャズボーカルが入る繋ぎ。白竜キムラ緑子のシーケンスは、予想通りの作劇臭さだが、キムラが、役所の耳元でささやくカットも、こんな意味深な演出いらんだろう。この科白はあっていいかもしれないが、もっとサラっと、引きの画面で云われる方がずっと面白いじゃないか。他にも、役所の高血圧についての描き方の中で、子供達とのサッカーの後、地面にうずくまる演出は紛らわしい、などなど。

 ラストカットは、アパート前のクレーン上昇移動。最後は空にティルトして、暗転する処理だが、そのちょっと前に、アパートの窓の洗濯物にズーミングするカットがある。ラストにクレーンが使えているのなら、どうして、こゝもズームじゃなくクレーンを使わないのだろうと思ったが、むしろ、私の趣味だと、3カットぐらいのポン寄り(カット・ズームイン)を使ったらよいのに、と思う。

#最近見た、暴対法以降のヤクザを描いた映画で、私の好みであえて順番をつけると、『無頼』>『ヤクザと家族』>本作、の順になる。

#仲野太賀の検索リンクは、リンクが機能する「太賀」の方に貼っておきます。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)けにろん[*] おーい粗茶[*] ぽんしゅう[*] 死ぬまでシネマ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。