コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 白い巨塔(1966/日)

原作を上手く纏めて実にスピーディかつスリリング。この面白さは人物の性格付けの判り易さにも拠っている。多くはある意味類型的だ。田宮二郎の鬼気迫る演技。強烈な視線。小川真由美の悪女っぷり。舅役・石山健二郎の汚らしさ。加藤嘉の融通の利かない高潔さ。田村高廣藤村志保の正義感。そんな中で滝沢修だけが際立って複雑であり、この映画に幅と奥行きを与えている。
ゑぎ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 滝沢修の人物造型。船越英二を教授選に勝たせるためにコネを使う采配も見事だが、何と云っても財前・田宮二郎の人道的な手落ちを最大級に指弾しながらも医学会全体のために裁判に勝たせる裁判答弁の二面性に彼の人物としての大きさがよく演出されている。勿論、滝沢修という俳優の度量に負うところが大きいが、裁判後の空港のVIPルームの場面等、画面づくりもこの人物造型に随分と寄与しているだろう。この映画のピカレスクな魅力は主役・田宮二郎以上に滝沢修が体現している。

 また潔い短いフェードアウトが全編に亘ってきびきびしたリズムを作っている。ここまで繰り返されると少々型にはまった官僚的な表現にも思えてくるが、しかしこの表現が本作を面白くしていることも確かだ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (11 人)緑雨[*] はしぼそがらす[*] 赤い戦車[*] ぽんしゅう[*] 煽尼采[*] ----[*] けにろん[*] クワドラAS[*] シーチキン[*] 町田[*] 水那岐[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。