コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 遊び(1971/日)

硬質で一本調子、現実離れした、いや、現実らしさを拒否する科白と所作の演出。これぞ増村の映画らしさ、ある意味ファンタジーなのだ。しかし、それにしても、大門正明の口調・台詞回しは特徴的だ。
ゑぎ

 女工の関根恵子とチンピラヤクザの大門の出会いと逃避行を描いた、朝から始まり、翌朝で終わる、丸一日のお話。何度か二人の過去が回想シーンとして挿入されるのだが、最初の関根のフラッシュバックが唐突なので(俄かに時間の感覚がつかめないので)、驚きがある。その他の回想シーンも、強烈な、いやらしいシーンばかりで素晴らしい。

 後半、エンディング近くで、きっちり関根がヌードを披露し、濡れ場を用意する、この流れもポイントが高く、さらにラスト、沈みかけた小舟で川へ出ていくエンディングはシュール極まりない。本作も、今作られていれば、年間ベストテン級の出来栄えだ。

#大門の兄貴分が蟹江敬三。その下に平泉征稲妻竜二。蟹江の扱いが別格だ。当時キャリア的には平泉の方が上じゃないかと思うのだが。

松坂慶子がゴーゴーホールのフーテン娘でワンシーン登場。これは目立つ役だ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)寒山[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。