コメンテータ
ランキング
HELP

シーチキンさんのコメント: 更新順

★2フィールド・オブ・ドリームス(1989/米)私にはお母さんの方が、はるかにがんばっているように見えた。[投票(1)]
★3さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅(1981/日)「疑問に答えます!」っていう感じ。だけど、それらしい雰囲気とセリフに、男の子は一度は、ハマるのよね〜。[投票]
★5いまを生きる(1989/米)「Oh captain, My captain」−このセリフともにロビン・ウィリアムズを見送った最後のシーンは、いつまでも忘れられない。[投票(1)]
★2ロボコップ2(1990/米)本筋のストーリーよりも、合間合間に出てくる未来社会のCMの方がよっぽどか、おもしろかった。[投票(2)]
★3バガー・ヴァンスの伝説(2000/米)えっ、あれがウィル・スミス、っていう意外性と、芸達者になったマット・デイモン、そしてりりしくて、さっそうとして、カッコよくて魅力的だったシャーリズ・セロンを寄せ集めて。しかし、大部分はシャーリズの点かな。 [投票]
★5リトル・ダンサー(2000/英)あらゆるジャンルの中でも、私にとって「ベストワン」と胸をはって言える。これまでバレエなど見たことのない私だが、思わず自分もロンドンにいって、学校に入りたくなった。 [review][投票(13)]
★2不法侵入(1992/米)カート・ラッセルもそれなりにがんばっていたけど、話が話だからなー。マデリーン・ストウだけがよかった、てことで。 [投票]
★4バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(1990/米)3作目まで付き合ってくれた人への、スピルバーグのサービス精神旺盛な 一本。ジョン・ウェインでなくクリント・イーストウッドっていうところが、新しいんだか古いんだか…だけど私は意外にこういうラストに弱いってことがわかった。[投票(1)]
★4バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989/米)1から2まで4年、ところが2から3へは1年どころか実際は同時進行かと思えるほど。この歩みからして、スティーブン・スピルバーグの真の代表作と言えるかもしれない。[投票]
★5バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985/米)2や3に比べると、CGや特撮技術は段違いなのに、それ以上のインパクトを感じたのは、それだけアイディアと構成力が素晴らしかった、ということだろう。[投票]
★1キャスト・アウェイ(2000/米)おそらく、史上最長のコマーシャル・フィルム。[投票(2)]
★4スナッチ(2000/英=米)ノリとセンスでつくられた映画の、良い方の見本みたいな一本。次々人が出てきて、バタバタと死んでいく。あとセリフなんかも、落ち着いて振り返ってみると結構とんでもないけど、おもしろかった。[投票]
★5日本の黒い夏―冤罪―(2000/日)この題材に、「日本の黒い夏」というタイトルをつけたことの意味を、考えざるをえない。そしてポスターやチラシにある「Darkness in the Light」という言葉の意味を。 [review][投票(9)]
★4夢(1990/日)私の世界観をかえたこのセリフがあれば、他になにもいらない... [review][投票(3)]
★4マリー・アントワネットの首飾り(2001/米)革命直前の民衆の圧力を一方で感じながら、一方で旧来の閉じこもった宮廷生活。「砂上の楼閣」とその住人たちとは、かくあるものか。意外に骨太で見ごたえがあって、思わぬ拾い物をした気分。[投票]
★5櫻の園(1990/日)女であろうと、男であろうと、青春のすべて、がつまった素晴らしい映画じゃないだろうか。胸をかきむしられるような、甘く切ない高校時代...それにしても、 [review][投票(3)]
★3オーシャンズ11(2001/米)観てから数ヶ月たつと、ブラッド・ピットマット・デイモン、あとなぜかアンディ・ガルシアくらいしか思い浮かばない。ホントに11人もいたかあ?ブラピのカッコよさに免じて1点追加。 [投票(1)]
★4助太刀屋助六(2002/日)真田がのびのび、生き生きと楽しそう、さすがに仲代が貫禄十分、ズシッと雰囲気だして、岸田のナレーションがまたいいんだ、コレが。京香はきっと最初は「イカズ後家」という設定だったのを、大らかな監督が大目に見たんじゃないかなあ。 [投票(5)]
★4地獄の黙示録(1979/米)ワーグナー鳴らしまくりながらのヘリ攻撃シーンは、戦争の描き方の一つのスタイルをつくりあげたんじゃないだろうか。この点でコッポラの才能に脱帽。だけど、後半のマーロン・ブランドはどう見ても、優秀な特殊部隊兵士には見えないけどなあ。[投票(2)]
★4ラットレース(2001/カナダ=米)バカ笑いしながら楽しめた。コメディなのに下手なアクション映画よりもよっぽどハラハラドキドキで、思わぬ得をした気分になれる。それにエイミー・スマートのキップのよさとカッコよさ、美しさ、私もきっと一目ボレする。[投票]