コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 午後8時の訪問者(2016/ベルギー=仏)

人として真摯で誠実な映画。また町医者モノとして『赤ひげ』の水準に匹敵する、まさに名作だと思う。
シーチキン

なるほど『ロゼッタ』の監督であったと思わせる、日常的で自然な画に、いっさいのBGMを排して生活音で構成されている。それだけにドアブザーや携帯の音の使い方の上手さも光る。

サスペンス風味でもあるが、日常生活にこだわった画と音のおかげで、物語が過剰になることもなく、それだけにヒロインの自責の念と決断、研修医との関係など、人として誠実であろうとする生き方が、町医者としての選択とも重なって素直に心を打つ。

派手ではなくても、人をじーんとさせる映画だった。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)寒山[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。