コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 三度目の殺人(2017/日)

一つの殺人事件の「真実」をめぐる迷宮ぶりが楽しめる娯楽サスペンス。
シーチキン

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







是枝監督は本作について、弁護士だか司法関係者だかが述べた「裁判は真実を明らかにするものでなく、関係者の利害を調整する場だ」という言葉をモチーフにしたとどこかで述べていた。おそらく民事裁判だけでなく刑事裁判でも同様だということに驚いたのだろう。

その言葉が正しいかどうかはわからない。ただ本作で描かれたのは確かに、「利害」とは違うかもしれないがそれぞれの生き様、決意、覚悟、思いみたいなものが交錯し、そしてそれがいつの間にか落ち着くべきところに、調整されて落ち着いていく、その様であるように観える。

「真実」はいったい何なのか。というよりも役所広司は何を思って陳述を翻したのか、福山雅治は何を想像して翻された陳述を受け入れたのか、薄ぼんやりとした中で、それが相互に推し量る中で、落ち着くところに落ち着く。

「どうですか、こんなもので。」と言われているようでもあり、それはそれでまあ、よろしかろうというものだとも思うし、観る者にとってはあれこれと思い、考えをめぐらせながら観る分には十分楽しめると思う。

ただ、是枝監督は世の中にはそうではない「裁判」もあるという事はわかっているのだろう、と思いたいし、そういう作品にも挑み、同じように楽しませてほしいと思うのだ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)寒山[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。