コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] レディ・プレイヤー1(2018/米)

製作費の大半は版権代に消えていそうな作品。スピルバーグが描く格差社会という感じもする。それにしても、明らかに万人向けでないものを、万人が楽しめるようにつくるという点で、スピルバーグは天才だと思う。
シーチキン

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







観ていてニヤリとしたり「ははーん」と感じた小ネタがふんだんにある作品だが、私が気づかなかった、或いは知っていない小ネタも山のようにあったのだろうと思う。それでもわかりやすい王道のストーリー展開で十分、楽しめた。

本作はいわゆる「課金ゲーム」の仕組みが一つの骨格になっているが、世の中には「課金ゲーム」なんて言葉も概念も知らない人も膨大にいるだろう。そういう人にさらっと、この映画が楽しめるように、1分でわかるように説明するというのはある意味、すごい才能だと思う。

ただ本作を見終わってふと思ったのは、これはスピルバーグが自分のことを本当にわかってくれる後継者を渇望している事の表れなんじゃないかということだ。

最終盤の、「ゲーム」の創造者が課題をクリアした若者に語る言葉は、なんだかスピルバーグ自身の憧れというか、切ない夢を語っているように聞こえた。

だから言い過ぎかもしれないが、この映画は「スピルバーグの、スピルバーグによる、スピルバーグのための映画」なんじゃないだろうか。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)けにろん[*] サイモン64[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。