コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 男はつらいよ お帰り 寅さん(2019/日)

市井の暮らしの喜怒哀楽をしみじみと描いた抜群の人情劇。「生まれてきて良かったなあ」と思える稀有な映画、渥美清が半生を賭けただけの甲斐のある映画だと思う。あと後藤久美子はいい女優になったなあ。
シーチキン

あくまで現代のさくら、博夫婦と甥の満男、そしてその初恋の泉がメインの物語だが、そう突飛な物語にせず、普通に生活していればありそうな出来事の中で、様々な人生の味わいを感じさせる。

山田洋次の真骨頂でもあるし、同時に第1作目から50年かかっているからこそ、ここまで素晴らしい映画を撮ることができたのだろうなあ。

個人的には、全盛期の可憐さと美しさをもつ倍賞千恵子を拝むことができて心底、うれしい。彼女は歴代のマドンナと比べても、頭抜けていると思う。もちろん、今の彼女もそれ相応の魅力があるのだが。

ところで本作には、これが山田洋次だという「足首フェチ」のシーンがなかったように思う。さすがに高校生の頃から登場させている後藤久美子にびびったのだろうか?そういう分別臭いところも悪くないですよ、監督。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。