コメンテータ
ランキング
HELP

たろさんのコメント: 更新順

★3斬る(1962/日)岡本喜八の『斬る』と間違えて借りちゃったよ…。突きの構えがシブい。68/100[投票]
★3ボーイズ・ライフ(1993/米)家庭内暴力はダメだよね…というのを115分かけてやられても…せっかくの俳優陣の演技が勿体無い。。70/100[投票(1)]
★4KAMIKAZE TAXI(1995/日)「おい、撃った事情をちゃんと話せよ。…生まれは?」これ最高。86/100[投票]
★4さよなら子供たち(1987/独=仏)ミュラーの黒手袋が不気味。82/100[投票]
★4人間の條件 第5部死の脱出・第6部曠野の彷徨(1961/日)饅頭、食べてくれよ〜!86/100[投票]
★35時から7時までのクレオ(1961/仏=伊)映像で体感する、プチ・パリ旅行。72/100[投票]
★4人間の條件 第3部望郷篇・第4部戦雲篇(1959/日)仲代達也が目からビーム出してる。86/100[投票]
★222年目の告白 私が殺人犯です(2017/日)どんでん返しに躍起になりすぎ。過程のみの描写で中身がなくては、サスペンスとして楽しめない。48/100 [review][投票(1)]
★3メッセージ(2016/米)前半30分が名作を予感させるだけに、複雑かつ若干投げやりな後半の失速ぶりが辛い。音楽が『シャッターアイランド』と同じだが、何回聴いても心に響く曲ですな。70/100[投票]
★4ムーンライト(2016/米)ムーンライト。彼に射す日は来るのだろうか。86/100[投票]
★3ハクソー・リッジ(2016/豪=米)武器を持たず衛生兵になる過程は納得行くのだが、それ以上に描く事は無かったのだろうか?人間ドラマが消え失せ、戦闘シーンに頼るしかなくなった後半はもはや迫力頼りの空虚な映像と化す。これなら、ベタベタすぎる前半の方がマシかも。72/100 [投票(1)]
★4人間の條件 第1部純愛篇・第2部激怒篇(1959/日)うぉお、土足で上がるなぁ!86/100[投票]
★3地獄の逃避行(1973/米)青空、草木、風、動物、人間…マリックはいつも人間を最後に持ってくる。地球から見たこの2人の逃避行など、どうでもよい事なのだ。68/100[投票(1)]
★3コンドル(1975/米)文系らしく、もっと頭脳で勝負してほしかったな。M1911とマックス・フォン・シドーが良い。74/100[投票]
★4生きるべきか死ぬべきか(1942/米)鑑賞後に知ったが、42年の映画だなんて!そういう意味でもスゴイ。86/100[投票]
★3肉弾(1968/日)バカヤロー!←これに集約。70/100[投票]
★4スノーデン(2016/米=仏=独)ジョセフ・ゴードン=レヴィットよりも、厚切りジェイソンに似ている。84/100[投票]
★4海よりもまだ深く(2016/日)思ったよりダメ男な阿部寛。思ったより鋭い真木よう子。思った以上に怖いリリーフランキー。88/100[投票]
★4この世界の片隅に(2016/日)8/6までのカウントダウン。アニメでこんなにドキドキさせられたという点では、アニメ映画をあまり観ない自分としては革命的な作品。1945年という、実映像では体感しづらい時代をアニメで表現してくれた事で、ファンタジックな余韻が残った。あとは主人公が、もうちょっと能動的であれば良かったのだが…。89/100[投票]
★4ザ・コンサルタント(2016/米)「顔の特徴は面長」。なるほど、そりゃベンアフレックになるわな。84/100[投票]