コメンテータ
ランキング
HELP

たろさんのコメント: 更新順

★4ニライカナイからの手紙(2005/日)手紙のぬくもり。メールやライン世代の私達が忘れてしまったもの。88/100[投票]
★4アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(2010/米)もはやこれは主演2人と監督計3人のハチャメチャを楽しむ映画であって中身は追求してはならない。笑えればいいのです。88/100[投票]
★4バーニング・オーシャン(2016/米)火災発生までの不穏感がべらぼうに面白いし、パニックシーンを30分ほどにまとめたのも好感が持てる。あとはメッセージ性さえあれば…。。88/100[投票]
★3ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016/米)尺の短さが致命的な現代パートが完全に足を引っ張った。骨太な作品なのだが(南北戦争の戦闘シーンは特筆)、惜しい作品。74/100 [review][投票]
★4マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016/米)ラストからが苦悩の始まり。しかしそれは、主人公が望んだ未来なのかも。80/100[投票(1)]
★3雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015/米)これは、「分解」というより「破壊」では?それを履き違えたまま進む展開も当然ごとく比例してズレたまま。テーマは良いのに凄く惜しい。。64/100[投票]
★4スター・ウォーズ 最後のジェダイ(2017/米)従来のファンの方々からすると賛否両論のようだが、シリーズをかじる程度に観てる私としては中々の娯楽作。アジア人を観てグラントリノを思い出し、フィンを見てデンゼルワシントンを浮かべ、カイロレンはハビエルバルデム、ポーは若きアルパチーノみたいで、そんな意味でも楽しめた笑。88/100[投票]
★5パトリオット・デイ(2016/米)事件の動向を追うのに終始しドラマはおなざり状態だが、このバランスは上手く働いた。しかし、この監督は前からアメリカ万歳映画ばっかり撮ってる(キングダム、バトルシップ、ロンサバ)ので、もはやそれが嫌味でなくなってきてるのは気のせいだろうか…? 90/100[投票]
★2ダンケルク(2017/英=米=仏)冒頭の、木製扉に撃ち込まれる銃弾の音がピーク。それ以降はドラマも感情移入のしどころも無い、戦場という舞台を借りたパニック大作と化す。結局はハーディの一人無双を楽しんだだけ。46/100 [review][投票(2)]
★3ナイスガイズ!(2016/米)役作りでしょ?その体型は役作りだと言ってよ、ラッセル…!72/100[投票]
★3フリー・ファイヤー(2016/英=仏)この命中率の悪さは問題だ。68/100[投票]
★3斬る(1962/日)岡本喜八の『斬る』と間違えて借りちゃったよ…。突きの構えがシブい。68/100[投票]
★3ボーイズ・ライフ(1993/米)家庭内暴力はダメだよね…というのを115分かけてやられても…せっかくの俳優陣の演技が勿体無い。。70/100[投票(1)]
★4KAMIKAZE TAXI(1995/日)「おい、撃った事情をちゃんと話せよ。…生まれは?」これ最高。86/100[投票]
★4さよなら子供たち(1987/独=仏)ミュラーの黒手袋が不気味。82/100[投票]
★4人間の條件 第5部死の脱出・第6部曠野の彷徨(1961/日)饅頭、食べてくれよ〜!86/100[投票]
★35時から7時までのクレオ(1961/仏=伊)映像で体感する、プチ・パリ旅行。72/100[投票]
★4人間の條件 第3部望郷篇・第4部戦雲篇(1959/日)仲代達也が目からビーム出してる。86/100[投票]
★222年目の告白 私が殺人犯です(2017/日)どんでん返しに躍起になりすぎ。過程のみの描写で中身がなくては、サスペンスとして楽しめない。48/100 [review][投票(1)]
★3メッセージ(2016/米)前半30分が名作を予感させるだけに、複雑かつ若干投げやりな後半の失速ぶりが辛い。音楽が『シャッターアイランド』と同じだが、何回聴いても心に響く曲ですな。70/100[投票]