コメンテータ
ランキング
HELP

たろさんのコメント: 更新順

★4イースタン・プロミス(2007/英=カナダ=米)床屋でやっちゃうとこがまた渋いのよね。85/100[投票]
★3マッチポイント(2005/英=米=ルクセンブルク)ストーリーこそ王道、さほど面白いものではないのだが、印象に残るシーン多し。ヨハンソンの存在感、躊躇なく引かれる引き金、夜中に現れる幻影。不快感をインパクトに変える技には、アレンの力量を思い知らされた。73/100[投票(1)]
★3コンタクト(1997/米)夢を持て!そう言ってる映画。68/100[投票]
★4カッコーの巣の上で(1975/米)鬼の形相とは、まさに婦長のこと。素晴らしい。88/100[投票]
★4ラッキーナンバー7(2006/米)最大の謎は、邦題だ。86/100[投票]
★3カンパニー・メン(2011/米)奥さんには泣かされたな。なんだ、幸せもんじゃないか。68/100[投票]
★4ミッドナイト・イン・パリ(2011/スペイン=米)いいな、あんなレトロな車でパリをブーンてしてみたい。84/100[投票]
★3戦火のナージャ(2010/露)何も始まらんうちに終わってしまったが?60/100[投票]
★4パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち(2003/米)完璧な顔面3人の羅列は観ていて飽きない。まさに娯楽大作、、だが、最後のキスはいらんかなぁ。86/100[投票]
★4ローマでアモーレ(2012/米=伊=スペイン)最高の暇つぶしカフェタイムムービー。ペネロペの身体が意外に大きかったのは発見でした。88/100[投票]
★5偽りなき者(2012/デンマーク)それでも、子供に憎しみは見せない。泣ける、線の上ゲーム攻略法。94/100[投票]
★3悪の法則(2013/米)物語を深読みする以前に、単純に面白くない。リドリーの復活作を待つ。64/100[投票]
★4太陽に灼かれて(1994/仏=露)猜疑心の恐ろしさ。幸せな風景と自然の中に出現するガスマスクの恐怖。見事なまでの、死と美の調和。80/100[投票]
★5黄昏(1981/米)これでson of a bitchの発音は完璧だね。90/100[投票]
★3真実の瞬間〈とき〉(1991/仏=米)おぉ、そこでスコセッシとはニクいキャスティング!68/100[投票]
★4ジャスティス(1979/米)ハイマン•ロスをおじいちゃん役にキャスティングとは面白いね。80/100[投票]
★3ワイルド・アット・ハート(1990/米)ブシェミかと錯覚してしまうほどの、デフォーの怪演っぷり。66/100[投票]
★3M★A★S★H(1970/米)日米合作て(笑) 66/100[投票]
★4イレイザーヘッド(1977/米)鑑賞後数時間は肉を食べられなくなるので注意。82/100[投票]
★3我等の生涯の最良の年(1946/米)義手のストーリーがいいね。72/100[投票]