コメンテータ
ランキング
HELP

たろさんのコメント: 更新順

★4バトル・イン・シアトル(2007/米=カナダ=独)催涙弾って喰らったらどんな痛さなんだろうと思う・・・84/100[投票]
★4いまを生きる(1989/米)自信がないという恐怖心から何もしないことこそ最大の過ち。86/100[投票]
★4アドレナリン:ハイ・ボルテージ(2009/米)こりゃアメリカ人しか作れんね。82/100[投票]
★4歩いても 歩いても(2007/日)映画はそこそこ面白いが、ラストが適当な気が・・・樹木希林はいい。スゴク。86/100[投票]
★3正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(2008/米)あなたは私の婿になる』とか、最近の邦題はヒドイのが多い。映画の内容はまとまりが感じられなかったが、クリフ・カーティスの好演に驚いた。黒いスーツに暗めなシャツがよく似合う。72/100[投票]
★5女の子ものがたり(2009/日)いや、これは参った。キラリと光る役者たちよ。。物語は陳腐でもこういう物語は大好きである。100/100[投票]
★4サブウェイ・パニック(1974/米)変装解いたらハゲだったってのが一番面白いユーモアでした。84/100[投票]
★3グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997/米)安っぽい。主人公に全く感情移入できないんだよなぁ。致命的。62/100[投票]
★5時計じかけのオレンジ(1971/英)こんな映画に5点つけるなんてどうかしてる。92/100[投票(2)]
★3アドレナリン(2006/米=英)生きてることを実感するにはアレしかないね。62/100[投票]
★4十二人の怒れる男(1957/米)日本の陪審員全員に観て欲しいよね 88/100[投票]
★3トランスポーター3 アンリミテッド(2008/米)カメラぶれすぎで何してるかつかみにくいアクションシーン(トニー・スコット気取りか?)や、カーチェイスシーンにわざわざ早送りを使う手法が気に入らないし、話が薄すぎる。ヴァレンティーナにホレる心境が全くわかんないんだけど。 50/100[投票]
★4死ぬまでにしたい10のこと(2003/カナダ=スペイン)あの旦那さんで満足でしょ?何もマーク・ラファロに走らんでも・・・86/100[投票]
★3グッド・バッド・ウィアード(2008/韓国)最初のテグ登場シーンまでは名作の予感だったんだけどなぁ。日本人は『発砲しろ!』よりは『撃てー!』を使うと思うよ。68/100[投票]
★4ホッタラケの島 遥と魔法の鏡(2009/日)コットンファンが続出することうけあいの良作。85/100[投票]
★2サブウェイ123 激突(2009/米)犯人が低脳すぎ。1974年版は未見だけど、本家にはカスりもしない駄作だと言える。トニー・スコットの才能は映像だけでしょう。46/100[投票(1)]
★596時間(2008/仏)ジャック、安心しなよ。少なくとも、ブライアンに24の座はとられないだろうから・・・ 96/100[投票]
★4砂と霧の家(2003/米)こんな話とは思わなかった・・・87/100[投票]
★5バタフライ・エフェクト(2004/米)個人的にベスト・カップル賞をあげたい。96/100[投票]
★3ニキータ(1990/仏)旅行先での暗殺シーンは名シーンと言っても過言ではない。70/100[投票]