コメンテータ
ランキング
HELP

たろさんのコメント: 更新順

★3ブルーノ(2009/米)タバコはマズいだろ笑 73/100[投票]
★2NINE(2009/米)女優と男優にひたすら歌わせるだけの本作は「映画」ではない。ロブ・マーシャル、ついにイカれたか?46/100[投票(1)]
★4イントゥ・ザ・ワイルド(2007/米)あれで16歳なのか。さすがアメリカは違うぜ。84/100[投票(1)]
★3トップガン(1986/米)タグを海に投げるシーンぐらいかな、よかったのは。トムは老いてからのほうが好きだもん。65/100[投票]
★3アメリ(2001/仏)なんか、この作品の良さが分からんことに逆に申し訳なくなってきた。なんじゃこの平均点の高さ・・・そんな面白いか?65/100[投票]
★3アメリカの森 レニーとの約束(2005/米=カナダ)デビッド・ストラザーンを主演にした方がまだもった。65/100[投票]
★4フローズン・リバー(2008/米)「母」という存在の強さを感じる力作。88/100[投票]
★3ハート・ロッカー(2008/米)「イラクにいる米兵爆弾処理班の映画をつくろう!でも2時間ずっと爆弾処理させるのも不自然だし・・・ストーリーはまぁ適当に引き伸ばして。。とにかく、爆弾処理のリアルさを撮りたいのよ、あたしゃ!」とでも言ってるかのよう。(ビグローが)65/100 [review][投票(3)]
★4レスラー(2008/米=仏)ニルヴァーナ、ひどい言われ様だな。86/100[投票(2)]
★3シャーロック・ホームズ(2009/米)マーク・ストロングアンディ・ガルシアに見えて仕方がない。66/100[投票(1)]
★3しあわせの隠れ場所(2009/米)こんな邦題にしたヤツらにタックルを食らわしてほしいもんである。67/100[投票(2)]
★3インビクタス 負けざる者たち(2009/米)実話ものだから仕方ないんだろうけど、あまりにストーリー性がなくてビックリする。映画として素晴らしいとは言えるが、そこまで面白いとは言えない煮え切らない一本。72/100[投票(2)]
★5カティンの森(2007/ポーランド)戦場でワルツを』もそうだが、米国人以外が描く戦争映画はインパクトが半端ない。まるで物を大量生産する工場のようにローテーションしていく虐殺シーンは絶句ものだった。100/100[投票(1)]
★3メンフィス・ベル(1990/米)人を殺す爆弾落とすヤツらの青春描かれてもなぁって感じ。ショーン・アスティンの細さにゃ驚いた。(今と全然違う・・・)72/100[投票(1)]
★4愛と青春の旅立ち(1982/米)ベタだなぁとは思うがそこそこ面白い。青春映画の代表作。86/100[投票]
★4すべては海になる(2009/日)たしかに童貞っぽい。87/100[投票]
★5おとうと(2009/日)加瀬が「ヤッターって思った」ってセリフは使える。同じ状況の皆さん、じゃんじゃん使いましょう。90/100[投票]
★3ラブリーボーン(2010/米)テンション下げさせたり、上げさせたり、まったりさせたり、ジーンとさせたり、ハラハラさせたりとゴチャゴチャしすぎな上に肝心のドラマが疎か。つか、スージーはアイツのどこにホレたんだ?70/100[投票(1)]
★4今度は愛妻家(2010/日)さりげない演出の連発で、後半は読めたが、それでも泣ける。この夫婦のストーリーだけでいいと思うけど。88/100[投票(2)]
★5マルコムX(1992/米)デンゼル・ワシントンがマルコムXに似すぎ。物語と同じく、監督の熱意が伝わる一作。92/100[投票]