コメンテータ
ランキング
HELP

たろさんのコメント: 更新順

★3ワイルド・スピードSKY MISSION(2015/米)車の良さはどこへやら。金のかかったミッションインポッシブル状態。やりすぎのラストバトルは興醒めだが、ジェイソンステイサムだけでも観る価値は十分。70/100 [review][投票]
★3ワイルド・スピード EURO MISSION(2013/米)タンク・オン・マイ・アスはナイスなギャグ。74/100[投票]
★4ジャッカルの日(1973/米)着々と準備を進めていくジャッカルと、事実をひたすら追っていく捜査側。一見これで140分は退屈に見えるが、観ている間に、物語を盛り上げる必要がないことに気づく。演出しなくても、確実に暗殺決行の時が迫っているという静かなヒリヒリ感。大人だ。88/100[投票]
★4スモーク(1995/日=米)タバコ吸ってたら死んじまうよって話を、タバコを吸いながら、笑いながら話す。矛盾を笑うという矛盾。世の中、そんなもんだ。89/100[投票]
★4デルス・ウザーラ(1975/露)鑑賞後、脳裏に聞こえる「カピタン!」。84/100[投票]
★3テイカーズ(2010/米)ヒートのパクリかと思えば、ミニミニ大作戦とレザボアまで…何がしたかったのか最後まで謎で「?」。62/100[投票]
★2舟を編む(2013/日)原作は、辞書に限らず物作りの大変さや、その裏にある人々の努力と情熱の15年間を描いていた。ところが映画版は主人公がなぜ辞書作りに躍起になるのかという根本的な動機が描かれないため、画面の中で人がわちゃわちゃと動いて勝手に時が流れていく。これが日本アカデミー賞で受賞しまくるなんて、どうかしてるぜ!原作読んだら観るな、読んでないなら観てもいいんじゃないってくらい。松田龍平に加点。47/100[投票]
★4アルジェの戦い(1965/伊=アルジェリア)ラスト10分のテンションの高さは異常。これ、映画ですよね?88/100[投票]
★4ドント・ブリーズ(2016/米)うわぁ、まずそう…。。82/100[投票]
★3怒り(2016/日)登場人物たちの行動がよく分からない。初めて会って間もない人間を家に泊めたり、弁当作ったるとか言ったり、女子が一人で警戒もせず会いにいくか?原作通りだから仕方ないのかな…いまいち乗り切れない部分が多く、鑑賞中は歯に何がはさまってて取れないような感覚でした。愛する人が殺人犯かもしれないという疑念と信頼の狭間で揺れる人間模様を描きたいなら、犯人探しのミステリー部分は逆に余計な気がした。 70/100[投票]
★4ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016/米)いきなり現れる巨大宇宙船に大興奮!劇場で観ときゃよかったYo…。88/100[投票]
★3リオ・ブラボー(1959/米)悪役の掘り下げが足りず、いまいち盛り上がらず。古き良き西部劇の典型系。70/100[投票]
★4ロボコップ(1987/米)24ファンには、ピーターウェラー、カートウッドスミス、レイワイズ、ポールマクレーンはうれしいキャスティング。86/100[投票]
★3マシニスト(2004/スペイン)インソムニア』のパチーノの方が眠そうだ。68/100[投票]
★5炎628(1985/露)戦争顔面映画。100/100[投票]
★3暗殺の森(1970/伊=仏=独)あの舞う落ち葉、ゴッドファーザーにも登場します。70/100[投票]
★4黄金(1948/米)ボギーの顔がどんどん変わってく様が見もの!86/100[投票(1)]
★4ジョン・カーペンターの 要塞警察(1976/米)なぜナポレオンなのか気になるよ…。84/100[投票]
★4別離(2011/イラン)信仰やコーランの存在意義への疑問を投げかけた映画という意味で中東映画の本気度を伺える。ラストが良い。82/100[投票(1)]
★4処女の泉(1960/スウェーデン)映画学校の授業で流れそうなくらい、凝った映像。炎のシーンは特にいい。78/100[投票]