コメンテータ
ランキング
HELP

たろさんの人気コメント: 更新順(1/14)

人気コメント投票者
★4ガタカ(1997/米)殺人事件が起きてから急にペースダウンしてる気がする。前半が好印象だっただけに、それだけが悔やまれる。79/100YO--CHAN[投票(1)]
★4女神の見えざる手(2016/仏=米)これは骨太。チャステインの持つ知的な雰囲気が最大限に活かされている。ミス・スローンとは逆の、天然バカ女を演じる彼女を見てみたいものだ。86/100 [review]プロキオン14[投票(1)]
★3アウトレイジ 最終章(2017/日)ちょっとした(?)トラブルを解決しようとしたら、あれよあれよとワケの分からん状況に発展していく様が、和製バーンアフターリーディング。殺し合いのいたちごっこ以上のものは無い上に、画面に映る顔がみんな丸いので、前作の様な、役者による顔面の迫力がないのが残念でならない。72/100けにろん[投票(1)]
★4ファントム・スレッド(2017/米)真面目なビックジョーク。86/100 [review]セント, 週一本[投票(2)]
★2ダンケルク(2017/英=米=仏)冒頭の、木製扉に撃ち込まれる銃弾の音がピーク。それ以降はドラマも感情移入のしどころも無い、戦場という舞台を借りたパニック大作と化す。結局はハーディの一人無双を楽しんだだけ。46/100 [review]IN4MATION, ぽんしゅう, けにろん[投票(3)]
★4月に囚われた男(2009/英)地球はすぐ目の前にあるのに、遠い。なんて哀愁と空虚感に満ちた映画だ。それを少しでも緩和してくれる二コちゃんマークが、また良い。86/100DSCH, けにろん[投票(2)]
★4インサイド・マン(2006/米)インサイド・メン [review]KEI, CRIMSON, わっこ[投票(3)]
★3怒り(2016/日)登場人物たちの行動がよく分からない。初めて会って間もない人間を家に泊めたり、弁当作ったるとか言ったり、女子が一人で警戒もせず会いにいくか?原作通りだから仕方ないのかな…いまいち乗り切れない部分が多く、鑑賞中は歯に何がはさまってて取れないような感覚でした。愛する人が殺人犯かもしれないという疑念と信頼の狭間で揺れる人間模様を描きたいなら、犯人探しのミステリー部分は逆に余計な気がした。 70/100クワドラAS[投票(1)]
★3永い言い訳(2016/日)妻が亡くなっても悲しむ理由がない主人公が、世間体や不倫の贖罪のために子育ての手助けをするという…これって物語としてどうなの?完璧に竹原ピストルに持ってかれてるモッくんが痛々しい限り。68/100disjunctive[投票(1)]
★4フライト・ゲーム(2014/米=英=仏=カナダ)副操縦士の無茶ぶりがスゴイ。78/100disjunctive[投票(1)]
★5クレイマー、クレイマー(1979/米)ビリーを抱えて走る父親と、ラストの終わり方に心打たれる。余韻のおかげで5点アップ!92/100寒山[投票(1)]
★4トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015/米)娘に対する、共産主義の説明が分かりやすい。考え方自体は素晴らしいのに、冷戦という情勢のために弾圧を受ける理不尽に真っ向から立ち向かうトランボが悲哀に満ちてて良い。風呂でタイプ打つ時に見せるダラしない身体も親近感。82/100けにろん[投票(1)]
★4マグニフィセント・セブン(2016/米)画の出来が完璧に近い。また、個々のキャラクタの背景や人物像を、役者の存在感で語る手法で130分に収めてくれたのも良い。各々理由あれど「悪い奴らがいる?許せん、俺達に任せろ」ってゆー流れは、どの時代でも熱いネタなのだ。89/100 [review]jollyjoker, けにろん[投票(2)]
★4マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016/米)ラストからが苦悩の始まり。しかしそれは、主人公が望んだ未来なのかも。80/100寒山[投票(1)]
★4アンダーグラウンド(1995/独=仏=ハンガリー)ぐるぐる回る、燃える車イス。あれほど映画で絶望を感じる画も少ない。86/100さなぎ, DSCH, ロープブレーク[投票(3)]
★3ボーイズ・ライフ(1993/米)家庭内暴力はダメだよね…というのを115分かけてやられても…せっかくの俳優陣の演技が勿体無い。。70/100ダリア[投票(1)]
★4サウルの息子(2015/ハンガリー)ボヤける背景にハッキリと映る惨状。頼む、やめてくれ…。86/100ロープブレーク[投票(1)]
★222年目の告白 私が殺人犯です(2017/日)どんでん返しに躍起になりすぎ。過程のみの描写で中身がなくては、サスペンスとして楽しめない。48/100 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★3ハクソー・リッジ(2016/豪=米)武器を持たず衛生兵になる過程は納得行くのだが、それ以上に描く事は無かったのだろうか?人間ドラマが消え失せ、戦闘シーンに頼るしかなくなった後半はもはや迫力頼りの空虚な映像と化す。これなら、ベタベタすぎる前半の方がマシかも。72/100 けにろん[投票(1)]
★3地獄の逃避行(1973/米)青空、草木、風、動物、人間…マリックはいつも人間を最後に持ってくる。地球から見たこの2人の逃避行など、どうでもよい事なのだ。68/100ゑぎ[投票(1)]