コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ダイアリー・オブ・ザ・デッド(2007/米)

ドキュメンタリーとフィクションの入れ子構造。劇中の教授はロメロ御大の化身かと思わせるが、作品全体の説教臭さには正直鼻白まされる。
煽尼采

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







映像内映像としてのYouTube。パソコンで編集されている映像がまさにこの『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の一場面そのものであるという入れ子構造。冒頭のミイラ映画の場面をなぞるような、終盤の逃走場面や、ドキュメントという建前の映像に「恐怖心も表わしたかった」として挿入される音楽など、「現実」ですら映像化された途端に「虚構」と化してしまう現実を映画という虚構で表現するという、自己言及的にグルグル回されてしまう仕掛けのある作品。

カメラを手にすると、眼前の危険に対してさえも観察者と化してしまう、という問題性は、いまさら改めて指摘されるまでもないようなことではあるが、それを体現している撮影者が死んだ後、生き残りの連中が閉じ込められる部屋がモニター室、つまり映像の囲いの中というのは皮肉なところ。一大事にも関わらず、むしろそれに乗じて撮影を続ける青年に苛立っていた連中も、結局は映像を眺めながら為すすべのない状況に追い込まれるのだ。

口の利けない爺さんがウーウー呻るせいでゾンビと間違われかけることや、彼の黒板や爆薬の唐突さに、この作品いちばんの遊び心が見られて楽しい。だがそれ以外のところでは、遊びもどこか上滑りした印象。全体の単純な説教臭さと相俟って、どうにも年寄りの冷やゾンビという感は否めない。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)CRIMSON[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。