コメンテータ
ランキング
HELP

disjunctiveさんのコメント: 更新順

★3プライベートレッスン 青い体験(2000/韓国)圧搾を加えるだけだった母性がどこかへ跳んで行ってしまう男に残置されることで、母性に観察者性が付与される。ペ・ドゥナの寛容に男女の成熟差の均衡が見込まれる。[投票]
★4永い言い訳(2016/日)モックンの、造形の全体像を把握させてくれない実体のなさを放任するのは勇気なのか。彼が酒乱だから変化するのではなく、錯乱した様を可能にするために酒乱が設定される。 [review][投票]
★3イレブン・ミニッツ(2015/ポーランド=アイルランド)ドミノ倒しのようでいて、その体を成していない。むしろ、薄毛髭オッサンらの肉壁で成形されたピンボールである。筋の離断で宙に浮いた関心が装置自体への興味へ向かう。筋のない辛さが何か醜いものを見たいという倒錯を誘う。 [review][投票(2)]
★3予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017/日)サイキックバトルが選ばれたという英雄の意匠で陳述され、『回路』から『CURE』へ、そして哀川翔Vシネへと時代を反芻する。90年代ノスタルジィに誘われるままに、突然の栄光という笑いは何時しか催涙反応となる。 [review][投票]
★3裸足の季節(2015/仏=トルコ=独)虐待の機制が語り手の中でも内面化されていて、ジュニアアイドルビデオの出で立ちで顕現している。性を抑圧して同時に奔放にするエキゾチシズムへの甘えが、社会批評を見世物劇の言い訳にする。[投票]
★3アンチヴァイラル(2012/カナダ=米)SFミステリーという屋下に屋を架す虚構の重層が、症状を都合によって自在に可変させる。設定の地盤の緩さがための混線か、あるいは野放図な想像力を触知化する努力なのか、症状が二日酔いのゼスチャそのものに成り果てると、格調が笑いへと変奏される。[投票]
★4ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)80年代コテコテ美術を景物映画の高雅な文体で模倣しようとする気の狂った開き直りである。あるべき漆器の質感を求める彷徨は記憶をめぐるそれと重なり、悲劇的な気分を高める。 [review][投票(2)]
★3関ヶ原(2017/日)共感の足掛かりとなるには三成の動機が具体性を欠いている。小早川秀秋の、義理立てができなかった後ろめたさの方がよほど実感が籠っていて、生物としての不甲斐なさを訴える。 [review][投票(1)]
★4フライト・ゲーム(2014/米=英=仏=カナダ)孤立が解消され、ネタが割れて通俗化しても、人の評価が変わったといううれしさは残り続ける。 [review][投票(2)]
★3IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017/米)事が恐怖への叛逆となることで、履行されない正義への憤りと不可解への憎悪を包摂するような普遍の感情が表れる。スクールカーストも怪奇も同根であり、ソフィア・リリスの垢抜けのなさがこの手の社会的抗議の果敢な担体という類型を盛り上げる。 [review][投票(1)]
★3パターソン(2016/米)アダム・ドライバーの如何にも暗黒面なタイプキャストの不穏で盛り上げるイヤらしさをファラハニが救っている。彼女の痛ましい天然さがカップケーキという生活力に拡張され、好ましさに変わることで。 [review][投票(3)]
★3大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院(2005/仏=スイス=独)古典芸能のようなモンタージュを想定していない代物を、放映するにあたってカットで割ってしまう。わたしはこれが苦手で、カットを割り振る演出家の恣意に苛立つのである。解釈を押しつけられた心地がしてしまう。 [review][投票(1)]
★3アトミック・ブロンド(2017/米)肉弾戦のパワーバランスがあくまで女権を損なわない範囲で追及されるリアリズムの微細さに、巨大な体躯の女という両性具有なあり方の困難が分泌してくる。しかしより克明なのは、それに相対せねばならくなった男たちの困惑なのだ。[投票]
★4Mの物語(2003/仏=伊)ベアールがアレにしては彼女の視点に没入できるイレギュラーである。アレであることが事を現世化して専業主婦の孤独と混線してしまう。 [review][投票]
★4Dr.Tと女たち(2000/独=米)顔貌が性欲の表象でしかないことで、性欲では対応できない事態がリチャード・ギアを不穏の源とする。その助平顔が助平顔でありながら仕事ができる然るべき場所に到達するところで、宿命を見失ったファラ・フォーセットの不安と男の不穏がリンクする。 [review][投票(1)]
★4ファニーとアレクサンデル(1982/独=仏=スウェーデン)初出のハスラー演技から始まって、人前で権威を損なわれる事態に当たって体面を繕おうとする悲痛な努力に至るまで、主教ヤン・マルムシェーが笑いを絶やさない。その性格の様式性の突出が絶えず筋を喜劇のような歩調にしようとする。 [review][投票(1)]
★3皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015/伊)フィクションが感化を与えてほしいとする業界人の強迫観念は、フィクションの効用を期待できない不信の裏返しである。劇中劇に内実がなければないほど、そこに内実があると思わせるべく、感化だけは強大になっていく。 [review][投票(1)]
★413/ザメッティ(2005/仏=グルジア)プロのオッサンらとの対比が、アマチュアの若者を貶めるのではなく、彼らの手練れが事に屠殺場のような機械的特性を与えることで、若者に当事者であることの誉れがもたらされる。 [review][投票]
★3チェ 39歳 別れの手紙(2008/米=仏=スペイン)群生する体毛の中心にデル・トロの顔が合成され鎮座している。われわれは、デル・トロという内面を展開しない顔貌の究極体であるこの不気味の谷との対峙を迫られながら、最後には内面不明な人物の視点に内包されてしまう不快な美的体験を被る。[投票]
★3チェ 28歳の革命(2008/米=仏=スペイン)そもそもが、どこから見てもデル・トロにしかならない代物を史劇の枠にはめ込もうという憤飯なのであり、ラテン気質との邂逅に際してデル・トロに世話焼き女房をやらせる違和感が持続する。 [review][投票(1)]