コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995/日)

カットを細かく割っていられない現場の焦燥が期せずしてホラー映画の画面を構成する。冒頭の美作滝尾の駅舎の窓口に顔を出す寅。奄美で満男と遭遇するそれ。どちらもワンカットで彼は現れギョッとさせる。もはや亡霊であり、それが廃墟を彷徨うのである。
disjunctive

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







亡霊は亡霊ゆえに四半世紀かかってようやく恋を客観視できる位置に到達し、リリーと奄美に帰ることができたのだが、その落着きは、どんな熱愛も成就すれば変質せざるを得ないと意識させることで、満男の恋には冷水になってしまう。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)ゑぎ[*] 寒山[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。