コメンテータ
ランキング
HELP

K-Flexさんのコメント: 更新順

★3恋は雨上がりのように(2018/日)そりゃ当然、大泉洋を自分に置き換えて観ていましたよ。おじさんはみんなやってるでしょ。 [review][投票]
★3いぬやしき(2018/日)全体的に見りゃ及第点なんだけど、語ろうとすると「うううううう〜ん」と唸ってしまうくらい特徴がない映画でした。もうこう言うのじゃ満足できないくらいの刺激を映画に求めるようになったのかな。(歳とって感覚が鈍くなっているだけという説もあります。)[投票]
★3ラブレス(2017/露=仏=独=ベルギー)随分と「生きていく」という事を見せつけられたなあ、という感想です。生きていくんだから前を向いて、過去を切り捨てて歩いて行かなくちゃ。と見ればいいお話しじゃね? [review][投票]
★3ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017/仏)レオン』でも『ニキータ』でもなく『フィフス・エレメント』がリュック・べッソンの最高傑作だと思っている私は、劇場で予告編を観たとき「おおおおおおおー!!」と歓声を上げそうになったものでした。 [review][投票]
★4ちはやふる -結び-(2017/日)表情の映画だったと思います。特に脇を固める皆さんにそれを強く感じました。 [review][投票]
★315時17分、パリ行き(2018/米)英雄譚への馴染み?宗教観?運命のとらえ方?その辺りの違いなのだろうか、この映画の魅力がよく判らない。 [review][投票(2)]
★4blank13(2017/日)ああ、家族だね。見ていればわかるよ。 [review][投票(1)]
★4犬猿(2017/日)途中まではダメダメだったんだけど、なぜか最後は満足感高かったです。なぜだろう?一つ確実なのは筧ちゃんが可愛かったからです。 [review][投票]
★3リバーズ・エッジ(2018/日)「へー」とか「ほー」とか「ふーん」とかの言葉しか出てこないねえ。90年代の俺は何をしていたんだろう?こいつ等の感覚がちっとも理解できないよ。 [review][投票]
★4スリー・ビルボード(2017/米=英)個から見ればとんでもない出来事でも全体から眺めれば些細なことであり、多種多様な正義が入り乱れることによって事態は混乱し、善意は悪意へと姿を変え、解決には寛容と赦しが不可欠であり、しかしそこに至るのは相当困難なのが人間なんだなって、なんかすごーくいっぱい考えちゃいました。 [review][投票(2)]
★3羊の木(2018/日)原作があるから仕方が無いのかも知れないけど、中心に据える対象が違わないか?(ちなみに原作未読) [review][投票(1)]
★4ジュピターズ・ムーン(2017/ハンガリー=独)西の方の遠い遠いお国で起こっている出来事なので、これが事実にどれだけ即しているのかよくわからないんだけど、天使ってものがどれだけ重要なのかわからないんだけど。 [review][投票(1)]
★3デトロイト(2017/米)「その昔、こんなことがありましたから注意しましょう」ぐらいにしか響きませんでした。 [review][投票(1)]
★3嘘を愛する女(2018/日)この映画、女性はどう受け止めるんだろう?是非とも感想を聞いてみたいです。[投票]
★3スター・ウォーズ 最後のジェダイ(2017/米)私自身の映画を楽しむフォースが衰えてきたのだと思います。そう考えなきゃやっていられない。[投票]
★3勝手にふるえてろ(2017/日)松岡茉優は主役では輝けないのか? [review][投票]
★2全員死刑(2017/日)終始不愉快。気分悪いだけの映画でした。[投票]
★3ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)ブレードランナー』を観たときと同じ衝撃。つまりはよく判らなかったって事。 [review][投票]
★4君の膵臓をたべたい(2017/日)甘ったるくって、見え見えの演出で狙いすぎだし、設定もおろそかだし詰めも甘いし、文句つけようと思ったらたくさん出てくるんだけど、でもおじさんはなぜかぐっときちゃったのです。 [review][投票]
★3ドリーム(2016/米)安心して見られるアメリカ映画でした。その分、刺激も少ないんだけどね。[投票]