コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] The Guilty/ギルティ(2018/デンマーク)

ネタバレなく面白さを伝えるのが難しい作品。(大ネタに言及してますので、鑑賞前はレビューを見ないようにお願いします。)
Master

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







上手いこと誘導するなというのが終映後の最初の感想である。

本作はイーベンを起こっている事態全てにおいて「被害者」であると観客に信じ(誤認)させる事が絶対的な必要条件になるが、そこがパーフェクト。いくら虚心坦懐に物事にのぞもうと思っていても、先入観というものはどうしてもあるわけで、娘との通話や旦那の犯罪歴などそれを補強する情報の提示も適切的確である。

また、アスガー(ヤコブ・セーダーグレン)の優秀さを冒頭から数回ある事件処理で示したのも心憎い。ここでアスガーの判断は基本的に正しいものであると観客に印象付ける事も重要で、イーベンに関する彼の対応が結果的に全て「裏目」に出ることのショックにも繋がっている。

つまり本作の面白さは観客ひいては人間の持つ「先入観」を利用したものなので、そこを気にして観てしまうと面白みを欠いてしまう事になる。面白い作品ではあるが、これ以上の感想を言いづらいのはこの事に起因する。

あと言及したいのは、タイトルの秀逸さか。

ラストカットの後にこのタイトルを思い浮かべると、きれいなピリオドを感じられると思う。佳作でした。

(2019.04.19 シネプラザサントムーン)

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)アブサン[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。