コメンテータ
ランキング
HELP

二液混合さんのコメント: 点数順

★5リベリオン(2002/米)主人公に銃弾が当たらない理由を正面から解説したエポックメーキングな作品。ただ、それだけでもうほかはすべて許す。[投票(1)]
★5劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語(2013/日)降参です。日本アニメ史に残る傑作[投票]
★5アバター(2009/米)圧倒的ではないか(byギレンザビ)。新鮮味の点で欠ける部分はあるが、力技でねじ伏せられた。この映画の跡の日本アニメ界にはペンペン草すら生えていない。[投票]
★5007 慰めの報酬(2008/英)前作と同じ。2作を1作として評価。[投票]
★5007 カジノ・ロワイヤル(2006/米=英=チェコ)超一級のアクション映画ですな。子どもっぽいスパイメカやマシンが出てこず、肉体こそが007の武器といったところでしょうか。映画見終って車に乗ったら、頭の中に例のテーマソングが鳴り響きました。[投票]
★5おくりびと(2008/日)泣けた。広末はやはり可愛い。[投票]
★5フラガール(2006/日)ええぞ。最後までほかの事考えずに観切れた日本映画は久しぶり。[投票]
★5レイダース 失われた聖櫃〈アーク〉(1981/米)頭を後ろからスコーンとひっぱたかれた作品。ヒットするのが当たり前過ぎて、宣伝しなかったのが興行失敗の理由だったという伝説を残しました。[投票]
★5ルパン三世 カリオストロの城(1979/日)もう二度と取り戻すことのできないあのころ。ねえ、宮さん。[投票]
★5マトリックス(1999/米)ほぼ20年ぶりに出会えたセンスオブワンダー。ま、パクリは許しましょう。[投票]
★5ブレードランナー(1982/米)これからも自分の旨の中でナンバーワンとして君臨し続けるのだろうな。[投票]
★5ブルーベルベット(1986/米)丸くとんがった、下品な上品。[投票]
★5ブリキの太鼓(1979/独=仏=ポーランド=ユーゴスラビア)あ〜〜〜と叫んで真似したヒトも多いはず。だけどほとんど伝わらない。[投票]
★5ほしのこえ(2002/日)リリカルなら何でもいいのか。いーんです。[投票]
★5フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996/米)ダメ人間VSドラキュラという設定だけで成功が約束されました。[投票]
★5フロム・ビヨンド(1986/米)ええかげんにせー。下品にもほどがある。[投票]
★5ハイランダー 悪魔の戦士(1986/米)この作品に感銘を受け、ラッセルマルケイの映画をみまくったが、すべて外しまくったのは言うまでもない。[投票]
★5トイ・ストーリー2(1999/米)面白く、ためになり、そして感動する。すんばらしい。手放しで拍手(日本語として正しい?)。ひるがえって、オレって薄汚れてらぁ、と思い知らされた。[投票]
★5ダイ・ハード(1988/米)やっぱ、映画は脚本だな、と再認識させられた作品[投票]
★5セルピコ(1973/米)小学生のとき、これを見て「おまわりさんだからといって、いいヒトばかりではないんだ」と教え込まれた。[投票]