コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ダイアリー・オブ・ザ・デッド(2007/米)

アクション演出には復調の兆しが窺える。また笑いもふんだんに盛り込まれている。聾唖爺さんの自己紹介。屋敷住まいの友人のミイラ衣裳。弓矢。このような巧まざるユーモアの感覚が、パスティーシュさえ横行するほど成熟したジャンルにあってロメロのアドヴァンティッジを形成している面は小さくない。
3819695

シーンとしては先にも述べた聾唖の爺さんのところが最良だ。まずは笑いがあるし、唐突なダイナマイト投擲などアクションも優れているし、覚悟が決まっている彼の行動ぶりには感動するし(鎌!)、そして恐さもきっちり出ている。

さて、高品質ハンディ・カメラおよび編集機材(ソフトウェア)の普及ぶりやユーチューブなどのウェブ・メディアを物語に取り込んで、一見したところ「今の現実」に準拠した映画を目指しているように思われるが、これはやはり私たちが生きる現実とは異なるパラレル・ワールドの物語である。というのは、どうやらこの映画世界には「(ロメロ的)ゾンビ映画」は存在しないらしいからだ。死体が甦るという現象を前にして、一般市民ならまだしも「ホラー映画を撮影中の映画学科の学生」がゾンビ映画について一言も言及しないということはまずありえない。劇中の監督役の青年が「死体がそんなに速く歩けるわけないだろ」とミイラ役に向かって自説を展開し(というかロメロの持説なわけですが)、後に実際にゾンビが出現したときにその説の正しさが証明されたことを誇るのも、ゾンビ映画が存在する世界であれば「何を今さら」という話である。「ゾンビを殺害するには脳天を破壊しなければならない」というのもゾンビ映画を知っているならば真っ先に思いつかなくてはならないことだ。

一方で、この映画世界にもゾンビ映画の上位ジャンルたる「ホラー映画/スケアリー・ムーヴィ」は普通に存在しているらしいことも明らかである。ホラー映画はあってもゾンビ映画はない世界。そこで「死体(ミイラ)が人を襲う映画」を撮影しようとしている主人公たちは、実はかなり革新的なことに挑戦しているのではないだろうか。社会批判・人間批判として見たとき『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』はあまりに単純な構造しか持たない映画だが、そのような見かけの印象以上に、ロメロは主人公たちに自己を投影しているように思われる。「原点回帰」は嘘ではない。『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』に負けず劣らず原始的で私的な映画である。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ExproZombiCreator[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。