コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 光陰的故事(1982/台湾)

音楽の使い方に四篇の共通点がある。フィルムの深度に優れているのはやはりエドワード・ヤンの第二話だ。ただの餓鬼だった少年を最終シーンで変貌させてしまう演出力。最低限の手数で少女の心のひだを写し取る筆の確かさ。喜劇演出にそつのない第四話、でたらめだが笑いと味わいのある第三話も捨て難い。
(★3 3819695)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。