コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 渇き。(2014/日)

役所広司のハッスルも虚しく、まさかとは思うが、これが怒号のシンフォニー『アウトレイジ』の後に撮られた映画ということはないだろう。一線を越えた狂気の芝居をもっぱら高笑いで済ませようというあたり演出の抽斗の貧しさがあらわで、好演の妻夫木聡に飴玉を持たせてしまうなどもいみじき僻事である。
3819695

暴力的な出来事が繰り広げられる光景を中心に、カットは全篇の多くのシーンにおいて律儀とも云える頻度で細かい寸断を被り、種々の画像加工が施される。さらに、ときには記憶などを媒介として時空間さえも違えた(そしてやはり細かく寸断された)カットがそこに矢継ぎ早に混入し、一連の「混乱した」モンタージュが完成する。一見すると映画が期待しているであろう「過激さ」の印象に資するよう仕組まれたと思えるこれは、実のところ「目を背けたくなるような」暴力に対して観客より先回りして映画自身が積極的に目を背け、暴力の耐え難さを手際よく骨抜きにする工程にすぎない。その意味で、これが優れて安全な高品質の商品であることを私は否定しない。

虫唾が走る露悪趣味とは、暴力を凝視する覚悟すら持たぬままに暴力を弄ぶこの陋劣な態度を指す。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (6 人)ねこすけ 緑雨[*] 煽尼采 けにろん[*] DSCH[*] おーい粗茶[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。