コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ゲット・アウト(2017/米)

物語の環境に似たところがあると云えばあるM・ナイト・シャマランヴィジット』と較べると、作中人物とりわけ主人公の魅力が著しく劣る。翻って、シャマランの脚本・演出における最も大きな取り柄とは(どうも見過ごされがちだが)魅力的なキャラクタを創造する技術である、と云うこともできるだろう。
3819695

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







映画においてキャラクタを輝かせる真に幸福な伏線とは、『ヴィジット』から例を採るならば、主人公姉弟の弟エド・オクセンボールドによる「卑語を女性芸能人の名に置き換える」という宣言がそうだ。この心の底からどうでもよい馬鹿げた決めごとが、観客の誰もが忘れた頃合い、彼の生命に危機が迫っているさなか不意に果たされる。そのキャラクタを、延いてはその映画を愛さずにおれなくなるのはこういう瞬間だ。

さて、実のところ『ゲット・アウト』にも同様の好機が訪れていたのだが、ジョーダン・ピールはそれをむざむざ無下にしている。というのも終盤、邸宅から脱出しようと玄関扉に手を伸ばすダニエル・カルーヤと、その阻止を図るケイレブ・ランドリー・ジョーンズが取っ組み合いを演じるが、ここでカルーヤはまったく真っ当な方法(ストンピング)でジョーンズを殺害してしまう。呆れが宙返りをするとはこのことだろう。初対面時、スポーツ歴の有無や仔細について執拗に絡んでくるジョーンズに対し、カルーヤは不愉快を押し殺しながら「ジュードーの心得がある」旨を返答していた。両者の因縁に適切な決着をつけるためにも、頸部を絞めてくるジョーンズをカルーヤはジュードー技で撃退しなくてはならなかったはずだ。それが映画における「正しさ」だと私は解する。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)ペンクロフ[*] pori けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。