コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アド・アストラ(2019/米)

冒頭、巨大アンテナ崩落のスペクタクルに大いに目を瞠る。推測の域を出るものではまったくないが、ディジタル描画班を下請け的に扱って丸投げしていては、このような画面造型は決して生まれないのではないか。確かな演出の意思が漲っている。無重力空間に漂う死体の姿勢にも何やらこだわりがありそうだ。
3819695

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







終盤、期待を煽りに煽った末ついに現れたトミー・リー・ジョーンズは、期待されたような「狂気」や「信念」という以上に「耄碌」の造型が施されている。『地獄の黙示録』の百番煎じかと思われた物語は突如として、『地獄の黙示録』のSF的変奏ではなく、『地獄の黙示録』の介護問題的解釈であったことが判明する。さらに親の自主的かつ消極的棄老が観測されるに至り、物語の類型は『楢山節考』に急接近を果たす。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。