コメンテータ
ランキング
HELP

サイモン64さんのコメント: 更新順

★2ディストラクション・ベイビーズ(2016/日)めんどくさ映画。蛮声張り上げて暴れ回ってたら観客が寄り添ってくれる訳でもなし。 愛媛県に長らく住んでいたものからすると間違ったイントネーションもかなり興を削ぐ。[投票]
★3渇き。(2014/日)広司役所のスベる映画。うるさくてかなわねえや。せっかくのタイトルも生きてこない。 どうせならクロッカーズの渋い路線で行って欲しかった。[投票(2)]
★5映画 聲の形(2016/日)キッツイ過去を主人公は自ら浄化してゆく。その様は私が過去に傷つけ、そして今現在傷つけている人々への想いと重なって耐えきれなくなる。 [review][投票]
★5ワンダーウーマン(2017/米)まさかギリシャ神話とのミックスネタだとは思わなかったので意外に面白かった。この映画に荒唐無稽の極みとか言っても無意味だが、主人公の美形ぶりは素晴らしく、鑑賞の価値大あり。[投票]
★5セッション(2014/米)育てる気なのかつぶす気なのかわからない「指導」に凍り付き、目をそらすことができない。これほどリアルな緊迫感に満ちた作品もなく、倫理観的に拒絶してしまう人もいると思うが、是非体験したい映画。[投票]
★5デッドプール2(2018/米)ひたすら小ネタを追っていく作業と化してしまう映画だが、そのあたりも含めて悪ふざけの度合いが非常に面白い。マジでエンドロールを見ずに帰る事なかれ。[投票]
★5恋は雨上がりのように(2018/日)これほどさわやかな恋物語を久々に見た。と言うか他の例をぱっと挙げられない。主演は小松菜奈以外にはもう考えられず、本人の素材もあると思うが、彼女の魅力を全編通して引き出している監督もすごい。[投票]
★3ラッシュ プライドと友情(2013/米=独=英)事実のおおすじはキッチリなぞっているんだろうけど、結構きれい事も混じっているんじゃないかと疑念を持ってしまった。時代下ってセナ・プロスト・マンセルあたりの確執を見聞きしていた自分としては、あまり素直に見られなかったなあ。[投票]
★5アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018/米)アベンジャーズシリーズをここから初めて見たので「誰これ?」的登場人物満載であったが、この長尺を引っ張っていく構成のうまさと映像の美麗さには舌を巻いた。次回作が待ちきれない。[投票]
★3ロミオ・マスト・ダイ(2000/米)ジェット・リーを起用しながらこのストーリー...なんとも印象の薄い映画だが、アクションシーンはさすが。[投票]
★5帝一の國(2017/日)文句なく面白い。ただ、菅田将暉が主役にもかかわらず竹内涼真の映画になってしまっているのが悩ましい。[投票(1)]
★3レディ・プレイヤー1(2018/米)長い、これしきの話しで2時間半必要なのか?話の構造も古臭いし、見るべき所は新旧キャラや、80年代ポップスのオンパレードか。あ、あとシャイニングのセット完全復元。[投票(1)]
★415時17分、パリ行き(2018/米)ここのところ実録映画ばかり連作しているイーストウッド監督。今度はぼんやりした若者達が旅先で武勲を上げる物語だ。この映画を見ていて、日本の満員電車でせかせかイライラ生きている自分の姿を改めようと思ったので、どんな効用があるかわからないものだ。「自撮り棒は最高だな」のセリフを言う一連のシーンが非常に和んで面白い。[投票(2)]
★3大統領の陰謀(1976/米)こう言う物語に二枚目俳優を使ってしまうと、リアリティが下がってしまう気がする。[投票]
★5ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米)2018年3月、政府官僚のインチキが次々と発覚して三等国家に成り果てつつある日本とは若干趣が違うなという趣き。[投票(1)]
★2ハクソー・リッジ(2016/豪=米)日本軍の火力がこんなにすごいわけないだろうと思ってしまうのだが、私の勘違いなのか?[投票(1)]
★5ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(2017/英)誰もが知るチャーチルの姿を借りながらもありありと演者はゲイリー・オールドマンという特殊メークの技に驚く。ストーリーが単純だけに全ては俳優達の演技にかかってくるのだが、目線・動き・弁舌、この大熱演に主演男優賞を贈らずにはいられまい。[投票]
★3サバイバルファミリー(2017/日)最後まで痩せない葵わかながヘン。[投票]
★4大アマゾンの半魚人(1954/米)公開当時の観客のすごい興奮がよみがえるようだ。 あのスーツを着て泳ぐ厳しさは特撮云々の壁を越えて感動すら覚える。 おどろおとろしい音楽もイイ。[投票]
★5スリー・ビルボード(2017/米=英)「ノーカントリー」に匹敵する衝撃作。主人公の強さには憧れる一方、憎悪がエスカレートする展開の救いのなさにむしろスカッと爽快感を覚える。[投票]